戦国時代に武将が食べていた「まずい飯」の正体

歴史小説家が資料をもとに当時の食事を再現

戦国武将が口にしていた食事はどのような味がするのか(写真:Josiah / PIXTA)
現代ほど食文化が発展していなかった戦国時代の武将は、どのようなものを食べていたのか。歴史資料をひも解き、いまある食材で再現を試みた『戦国、まずい飯! 』から一部抜粋・再構成してお届けする。

戦国時代を生きた人々が食べていた米は?

「あれ食べてみたい」。ブラウン管を指さし、そう母親に言ったのは何年前のことだろう。テレビに映っていたのはNHKの大河ドラマ『独眼竜政宗』。渡辺謙扮する伊達政宗が、湯漬けを豪快にかき込んでいた。

母親は苦笑しながら、炊飯ジャーからお椀にごはんをよそい、お湯をぶっかけた。水っぽい。味がしない。正直、食えたもんじゃない。

それでも、その食べがたさの分、政宗のような戦国時代を生きた人々の持つ「強さ」へ近づけた気がして、とてもうれしかったことを覚えている。

ただ、本当に私は彼らと同じものを食べたのだろうか? そもそも、米が白いお米だったかどうかも怪しい。「殆ど下咽に耐えず、蓋し稲米の最悪の者なり」とまで酷評された赤米だったかもしれない。

私が小学生の時に感じた「食べがたさ」なんて目じゃないほど、「食べがたい」ものをどうにかこうにか飲み下して、戦国時代の人々は生き延びてきたのだ。『独眼竜政宗』から30年あまり。今さらながら、子どもの時の「あれ食べてみたい」をやってみたくなった。そして、その最初の候補に、私は赤米を選んだ。

戦国時代、庶民はそうそう真っ白な米を食べられるものではなかった。秀吉の朝鮮侵略戦争中に、講和交渉のため日本に派遣された朝鮮通信使の黄慎の日記にこんな一文が残っている。

「但将官の外は皆赤米を用ゐて飯と為す 形は瞿麦(くばく)の如く 色は蜀黍(しょくじゅつ)に似 殆(ほとん)ど下咽に耐えず 蓋(けだ)し稲米の最悪の者なり」(「日本往還日記」)

瞿麦は燕麦(えんばく)、蜀黍は高粱(コーリャン)の一種と考えられている。燕麦は細長い種子を作り、高粱は熟すと真っ赤に実る。そのような形状の赤米を将官以外の雑兵は皆食べていて、飲み込めないほどまずく、稲米のなかで最悪のものだというのである。

次ページ栽培している人を探す
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT