戦国時代に武将が食べていた「まずい飯」の正体

歴史小説家が資料をもとに当時の食事を再現

また、唐干、唐法師、メラゴメとも、今の日本の稲より株や葉がすらりとして、発芽、成長、収穫ともに早いが、風には弱く、脱粒もしやすい。穂が出る頃から株が倒れやすくなるので、互いに支え合うように苗を密に、株間5センチメートル以下で植えるのが栽培のコツということだった。

その特徴は、大唐米についてのさまざまな記録と一致していた。江戸時代、元禄10年(1697)に出版された『本朝食鑑』の記事も紹介する。

米の一種に大唐米というのがある。これはもともと中国の種を移しうえたもので、俗に唐乾という。その稲は、繁茂して早く熟すので、各地で種えているものの、雨にあえば腐り易く、風にあえば墜ち易く、小粒で赤色、味も佳くない。けれども飯に煮ると二倍にふえるので、民間で食するのにはよい。但、米の性が薄く腹がへり易いのは残念である

「繁茂して早く熟す」とか、「風にあえば墜ち易く」などは、ケップルス氏の証言を裏付ける。私は確信した。これだ。これこそが、戦国時代、雑兵たちが食べた赤米、大唐米なのだ。

まずは5分づきから挑戦

最初に試したのは、5分づき(玄米を完全に精白せず、半分ほどついた状態)米の方だった。水で洗うと、籾殻がたくさん浮くので、丁寧に取り除く。

ケップルス氏によれば、水を多めにした方がよいということなので、普通米と比べて、1.2倍ほどの分量の水で炊いてみた。炊飯中、におうかなと思ったが、別にそんなことはなく、むしろお菓子のような甘い香りがした。

(写真:筆者撮影)

写真が炊きあがりで、確かに炊き増えするようだが、『本朝食鑑』の2倍はオーバーな表現のようだった。気になるのが、ジャーを開けた際、湯気がまったくあがらないことだ。

シャモジですくうとシュワシュワと音がして、パラパラこぼれる。これでは、おにぎりにするのも、無理なようだった。形が崩れ気味でくるりと丸まったようなものもあり、光沢もあまりない。

ぱっと見、おいしくなさそうに思えるが、気を取り直して実食してみる。……味は別に、飲み下せないほどではない。ただ、淡白で、食感がもそもそしている。口のなかの水分をどんどん吸い取られる感じ。おいしくないというより、つまらないと言うほうが正しい気がする。

茶碗に半分くらい食べたところで飽きてしまい、少し時間を置くことにした。戦国時代は、朝に一度炊いたものを、昼、夜と分けて食べることの方が一般的だったのである。半日ほどたった後、もう一度食する。

次ページおなかが膨れた感じはしない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT