海なし県でも山梨が「マグロ」消費額2位のナゾ あの名将・武田信玄も好んで食べていた??

印刷
A
A

沼津から一晩かけて苦労して運んだマグロなどの生魚だが、冷蔵・冷凍技術もない時代だけに、いくら魚尻点とはいえ、どうしても鮮度は落ちてしまう。そこにすし文化が広まるポイントがあった。

すしを所望する江戸から赴任した勤番士の存在と、鮮度が落ちるマグロや他の魚の調理法。その2つの要因が相まって、すし職人の技術で魚を酢で締めたり、漬けにしたりして独自のすし文化が形作られていったという。

生のネタではなく、締めたり、漬けにしたり、ひと仕事加えたネタですしを握っていたのである。

山梨ですしが広まったもう1つの背景に「無尽」の存在がある。無尽とはこの地に古くからある慣習で、古くは相互扶助の民間金融制度だったが、今では気の合う仲間との会食や旅行などのコミュニケーション手段となっている。ハレの日にみんなが集まる場としてすし店の座敷が利用され、会食にマグロやすしが提供され、座敷付きのすし店が増えていった。

あの信玄がマグロを食べた可能性は?

武田神社(写真:筆者撮影)

山梨ですし文化が広まったキーワードは「魚尻点」と「無尽」、そして「勤番士」だった。海なし県の独自の食文化の背景を検証したが、最後に大きな疑問が残った。京の都に憧れ、また海にも憧れていたと言われる武田信玄は、果たしてマグロを食べたのかどうか?

マグロや生魚の運搬に関する文献の記述、勤番士の登場した時代などからすると、甲府でのすし文化、マグロ文化の広がりは江戸時代後半以降と思われる。

山梨名物の煮貝(アワビを醤油ベースの煮汁で煮浸しにした加工品)にしても、文献に出てくるのは江戸時代後半。つまり、信玄は煮貝もマグロも食べていなかった可能性が高い。

次ページ断言はできない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT