現代の不平等と政治が「階級」なしに語れない訳

私たちが英国「7つの階級」調査に着手した理由

現在のイギリス社会では、長く続いてきた中流階級と労働者階級の区別とはまったく別の、新しい階級の秩序が根本から再形成されつつあります(写真:zaksmile/PIXTA)
イギリスBBCが実施し、イギリスで過去最大規模となった階級調査がある。16万人が参加したこの調査をもとにBBCが公開したウェブ上の「階級算出装置」には、700万人がアクセスしたという。
その話題の調査結果が、『7つの階級:英国階級調査報告』というタイトルの書籍として翻訳出版されている。著者らは、そもそもなぜこの階級調査に取り組んだのか。本書から抜粋・編集してお届けする。

不平等の拡大で社会階級はどうなったか

21世紀に入り、不平等は再び社会に深く根を張りめぐらし始めている。2014年の世界経済フォーラムは、所得格差が政治経済の不安定要因になっていることを強調した。オックスファムなどの国際NGO(非政府組織)は、親から子へと受け継がれる経済的優位のサイクルに着目し、機会の不平等が富裕層の特権を固定化していると指摘している。

『7つの階級:英国階級調査報告』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

こんにちの社会は、過去のどの時代より物質的な豊かさを享受しているにもかかわらず、貧困などの積年の問題は深刻度を増し、貧困層の対極にある超富裕層(スーパーリッチ)は急速に富を増大させている。

本書は、イギリス社会を例に、こうした不平等の拡大が社会階級にどのような変化をもたらしているかを明らかにする。拡大する経済格差の実態を示すだけでなく、人々が不平等による社会の分断をどのように受け止めているかを明確に示したい。

経済的分断は、どれだけ幅広く、社会的、文化的、政治的断絶と深く関連しているのか、また所得や資産のレベルだけではなく、ライフスタイルやアイデンティティー、共有する社会的ネットワークなどの共通性によって、社会階級は識別可能なのか。

これらの点を明示できれば、「状態としての階級」(社会的集団としての階級)ではなく、カール・マルクスが論じた「意識としての階級」(階級意識を持った人によって形成される階級)について語ることができるだろう。

次ページ根本から再形成される新しい階級
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT