(第44回)大学別就職人気企業ランキング(東京大学編)

✎ 1〜 ✎ 42 ✎ 43 ✎ 44 ✎ 最新
拡大
縮小

 現時点で、就職したい(就職してもいい)と思う企業(5社まで選択可)
 総投票数は1,274。5社すべてを記入しなかった学生もおり、1人当たりの平均回答社数は3.9。

 東京大学で人気1位に輝いたのは、野村総合研究所。志望業界では「シンクタンク・コンサルタント」は5位だったものの、志望企業としては集中した。投票した学生はほぼすべての学科系統にわたるものの、「情報・通信系」「建築・土木系」「物理・数学系」といった学科では特に人気があるようだ。「シンクタンク・コンサルタント」では、アクセンチュアも11位にランクインしている。今回実施した一連の大学別人気企業ランキングで、同社がトップ30位に顔を出すのは初めてだ。2位は旭化成。得票の3分の2は専攻分野がそのままつながる「化学系」からとなっているが、これまですべての大学においてトップ10をキープしている唯一の企業である。「化学」からは、富士フイルム(5位)、三菱化学(8位)もランクインしているが、いずれも「化学系」から得票の過半数を稼いでいる。3位には三菱商事、そのほか5位三井物産、14位伊藤忠商事と住友商事、20位丸紅と、大手商社5社がすべてランクインしたのが注目される。4位には常連のソニーが入るも、電機メーカーからは23位の日立製作所の2社のみという結果になった。「電気・電子系」の回答者比率が低かったことが響いたこともあるだろうが、他大学では人気の高かったパナソニックが47位と低迷した。8位には日本放送協会(NHK)が初めてトップ10入り。その他、東京大学のランキングで目を引くのは、11位のマイクロソフト、14位のグーグルといった外資系IT企業と、14位の任天堂、28位のバンダイナムコゲームスといったゲーム業界からのランクインであろう。また、24位の三菱東京UFJ銀行、宇宙航空研究開発機構なども他大学では上位に見られなかった企業である。

 次回は東北大学の学生の就職意識をリポートする。

「採用プロ.com」の「調査・分析レポート」コーナーにその他の調査結果を収録しています。
採用プロドットコム株式会社
(本社:東京千代田区、代表取締役:寺澤康介)
採用担当者、教育・研修担当者のための専門サイト「採用プロ.com」を運営。新卒、中途、派遣・アルバイト、教育・研修、全般などの採用活動に役立つニュース、情報、ノウハウを提供している。
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT