日本初、100m「9秒台」の確率は50%?

日本選手権で"夢の記録"に挑戦する桐生に括目せよ

写真:YUTAKA/アフロスポーツ

「ブレイクスルー」。その瞬間をどれだけ経験することができるのか。ビジネスでも、スポーツでも“壁”を突破することで、新たな世界に踏み込むことができる。6月6~8日に開催される陸上競技の日本選手権で「大きな壁」が崩壊するかもしれない。それは100m「10秒00」という壁だ。

伊東浩司が10秒00をマークしたのは1998年のこと。20世紀につくられた日本記録は、2014年となった現在も破られていない。しかし、今年は日本人にとって“夢の記録”のカウントダウンが始まっている。

昨年4月の織田記念で17歳の桐生祥秀が10秒01(+0.9)というタイムをたたき出して、「9秒台」という言葉が多くのメディアをにぎわせた。1年前のコラムでも書いたが、筆者は日本人の「9秒台」はちょっと遠いなと感じていた。なぜなら、桐生の10秒01は「出てしまった記録」だからだ。

実力以上ともいえる記録が誕生したことで、多くの人間が「現実」を見失っていたと思う。「9秒台」への期待が高まり、桐生本人も困惑していた部分もあっただろう。今季の桐生の“可能性”を語る前に、昨季の「走り」を振り返ってみたい。

机上の計算では9秒台の可能性はあった

実は昨年、桐生が織田記念で見せた走りを「再現」することができれば、夢の記録に近づくことは十分できた。桐生が10秒01で突っ走ったときのグラウンドコンディションは、追い風0.9m。100m走では風速1mで0.1秒変わるといわれており、追い風2.0mまでが公認記録となるため、あと+1.1mの“余力”があったからだ。

しかし、桐生はあのときの走りを求めていなかった。「10秒01の感覚をもう1回とは思っていません。同じ感覚では10秒01止まりですから。それよりも、今の走りを進化させていきたいと思います」と日々、肉体が成長するように、100mレースの走りも小さなリニューアルを繰り返してきた。その結果、昨季は10秒01の後、10秒17(-0.2)が最高で、その次が10秒19(+0.1)と“夢の記録”に近づくことはできなかった。

次ページ記録の出やすい競技場でなくても、勝てるように
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT