「カーリング界の大転換」に挑む北大AIの先導者

テクノロジーを導入しないスポーツは衰退する

最善手の選択には、先に紹介した「勝率テーブル」も利用する。トップ選手だからこそ可能になるショットを前提として、最善手を選択していく。初級、中級者に最適化することも可能で、レベルに合わせた戦略立案が可能になるという。

現行のルール上、試合中に「じりつくん」を使うことはできない。自身もカーリング・プレイヤーである山本氏は言う。

「試合後の振り返りで、戦略をめぐってケンカになることもありますよ。それはどのチームも経験していることでしょう。

問題は違う戦略があったかどうか。あったとしたら、実際に選択した手と比べて優劣やリスクはどれくらいだったか。そうした戦略・戦術が、データやAIに基づけば、議論も進むし、新たな発見もある。戦略に対する考え方が変わってくる。そう考えています」

北見市のカーリングホールに導入

北海道北見市ではこの10月、通年営業のカーリングホール「アルゴグラフィックス北見カーリングホール」がオープンした。最新鋭のカメラや各種計測機器に加え、「じりつくん」も導入されている。

「冬季スポーツ科学研究推進センター」を擁する国立大学法人の北見工業大学が、選手やストーンの動き、ブラシで氷を擦るスイーピングやショットに関するデータを蓄積する。

そして山本氏らと連携し、AIや認知科学の知見を取り入れ、より効果的なトレーニング方法や戦術支援システムの開発を目指すという。

この壮大な計画を前に、山本氏はこう語った。

「データ分析、AIの利用はもちろんですが、トレーニングのフォームをセンシング技術や画像で分析し、重心がどれだけぶれているか、自分のストーンの曲がり方や特徴、動きの特徴を把握する。日頃のデータ分析がどれだけできているかが、本番でも効いてくることになると考えています」

取材:高木徹哉=フロントラインプレス(Frontline Press)所属

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT