「カーリング界の大転換」に挑む北大AIの先導者

テクノロジーを導入しないスポーツは衰退する

「テクノロジーを導入しないスポーツは衰退する」

1970年代、アメリカのメジャーリーグ・ベースボールでは、統計やデータを戦術や選手の評価に使う「セイバーメトリクス」が導入され始めた。さらに近年は、カメラやドローンが廉価となり普及したことで、センシングや動画解析といった技術導入も進んでいる。

つまり野球では、打者であれば打球の初速や角度によってホームランがどの程度出るかを解析し、トレーニングに生かすといった流れが強まっているということだ。

ラグビーでは、日本代表の選手が練習でセンサーやGPSを装着し、運動量などのバイタルデータを収集して個々のプレーやチームの戦術評価を行っている。サッカーでもピッチ全体を俯瞰する複数のカメラを使うことによって、ボールに直接絡まないものの、いい仕事をする選手の評価や戦術の検討を行っている。

カナダの選手からアプローチ

山本研究室の「じりつくん」が発表されたのは2020年春、ニューヨーク市で開かれたアメリカ人工知能学会(Association for the Advancement of Artificial Intelligence)の場だった。

アメリカ人工知能学会で「じりつくん」の発表をする山本研究室の学生(山本氏提供)

「アメリカなので野球のイメージがありましたが、サッカーに関する研究発表が最も多かったんですね。その他はバスケットボールやアイスホッケーです。

こうした研究の主眼の一つには、選手の動きをどう評価するかがある。パスにどう関わり、総運動量やカギとなる選手との関係などはどうだったか。それらを分析して年俸算出に使うわけです。また、チームとしてのフォーメーションの研究が目立っていました」

「じりつくん」の発表後、山本氏にカナダのカーリング選手からアプローチもあった。「自分たちも似たようなことを考えているけど、実際はどんな感じなんだい?」と。日本のカーリング女子は2018年に韓国で開かれた平昌冬季五輪で銅メダルを獲得している。ライバル国の動向が気になったから接触してきたのだろう。

次ページ「じりつくん」のようなAI利用はまだない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT