「カーリング界の大転換」に挑む北大AIの先導者 テクノロジーを導入しないスポーツは衰退する

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
印刷
A
A

サッカーのようにある局面を評価し、最善の手を探すシミュレーション研究はカーリングにおいても進んでいるようだが、「じりつくん」のようなAI利用はまだないようだと山本氏は話す。

「アメリカの学会に出て、テクノロジーを導入しないスポーツは衰退するだけ、ということを改めて実感しました。野球やサッカーなどメジャースポーツは、ビジネスが絡むだけにAI利用のスピードが速い。

カーリングに限らずマイナースポーツでも、テクノロジーとの融合にあらゆる選手、関係者、チームが手をつけ始めています。近い将来、マイナースポーツでも成果が出てくるでしょう。技術の導入に躊躇する選手やチームは取り残されるだけだと感じました」

もともとは物理シミュレーションソフト

「じりつくん」はもともと、2016年に電気通信大学の伊藤毅志准教授らによって開発された「デジタルカーリング」で“動くAI”として誕生した。

カーリングを支えるテクノロジー。スマホの画面が勝敗の行方を左右する(高木徹哉撮影)

デジタルカーリングは、ある局面においてショットのウエイト(強さ)と方向、回転を指定すると、物理シミュレーションによって次の局面を生成するゲームだ。ショットには乱数が加えられ、シート(氷)の状態や選手の技量を考慮することもできる。

カーリングでは2チームが相互にプレーする。目覚ましい発展を遂げた将棋や囲碁のAIと共通点が多い。ある局面の優劣を評価し、評価が最も高くなる手を選択していくからだ。ただ、カーリングではトッププレーヤーであっても、必ずしも狙い通りのショットができるとは限らない。その点は将棋や囲碁と異なり、不確実性がある。

「じりつくん」は、ニューラルネットワークによる評価関数の学習と、運や不確実性があるゲーム、例えばバックギャモン(西洋すごろく)などで利用されるアルゴリズムを用いたゲーム木探索によって最善手を判断する仕組みになっている。

次ページ「勝率テーブル」も利用
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT