「アソビ」で始まった僕のサラリーマン生活

古市憲寿×成毛眞 対談

 NHKのEテレで、毎月最終土曜深夜に放送される「ニッポンのジレンマ」。5月31日土曜深夜は、「新時代の会社活用作戦」をテーマに、20代、30代の若手のサラリーマンやサラリーマン経験者たちが、会社に所属しながら軽やかに自己実現してく方法、この時代だからこその会社との付き合い方について、屈託なく語る。
 スタジオの新世代の議論の呼び水となるインタビューに、マイクロソフト日本法人元社長にして、読書好き教養人の成毛眞が、先行世代代表として答えてくれた。聞き手は番組MCの社会学者・古市憲寿。どんな視点が飛び出すか……?

就活なし。「遊び」で始まったサラリーマン生活

古市:成毛さんの経歴がすごい不思議というか、独特ですよね。

成毛:そうですよね。大学の4年のときに就活してないのです。単位がなくて卒業は来年になるなと思っていたのですが、なんとか3月に卒業“できてしまった”。でも、卒業後の仕事が決まっていませんでした。仕方ないので、知り合いをあたってみたところ、近所のガソリンスタンドにたまに給油に来るオジサンが、大学卒の若手を探しているという話を聞きましたので、とりあえずそこに入ってみました、というのが私の“就活”でしょうね(笑)。

古市:では別に入りたくて入ったっていうよりは、たまたまそこで……。

成毛:たまたまです。何やっているかも知らなかったのです。とにかく働かなきゃ食っていけないから、行き先を探したっていうのが本音です。とはいえ、アルバイトだけで生きていくのも限界があると思っていました。

起業家的な部分はあくまで“シャレ”

古市:いきなり会社を起こすということは考えなかったのですか?

成毛:全然、考えないですよ。今でもあんまり考えていませんよ。

古市:今みたいな実業家的な仕事をされていてもですか?

成毛:個人的には会社経営している部分は、“シャレ”みたいな部分がありますね。何か会社を作って「歴史に残るような大会社にしたい」とか、「後世に残るような作品として会社を経営したい」というイメージはありませんね。あくまで人がやったことがないことをやってみようっていう、方針の延長線上に今があるというイメージですね。

古市:大きいミッションがあって、そのために作ったとかではなくて?

成毛:ないです、ないです。社会的に役に立つというつもりも、全然、ありません(笑)。

次ページ努力を楽しめるのは“才能”
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT