「週刊ニュース深読み」の模型は、こう作られる

報道番組を彩る、進化した"伝える技術"

「137億年の物語」(テレビ東京)で使われた人物模型。通常は使用後にすぐに捨てるのですが、今回の取材用に保管しておいてくれた

週刊ニュース深読み」(NHK)や、「未来世紀ジパング」「137億年の物語」(ともにテレビ東京)などで、司会者が解説に使うオリジナルの模型がある。流動的な国際関係や複雑な最新技術の説明も、動きのあるできのいい模型と一緒だと、理解した気になってくる。その一方で、疑問が浮かんでくる。いったい誰が、あの模型を考え出し作っているのか。それをずっと知りたかった。

東京・神楽坂の住宅街。坂を下る途中の路地を入ったところにある古いビルの1階に、植松淳さんの仕事場がある。ここが、できのいい模型の製造現場なのだ。中に入ってみると、思いの外、整然としている。もっと混沌としているものだと想像していた。

カラースプレーなどが棚の中にきっちり整頓されていた

かなり片付いていて、プリンターのインクやカラースプレー、工作用の素材などがきちっと整理されている。書棚には画集や雑誌、DVDに挟まれて、ボクも夢中になって読んだ事件系ノンフィクションが並ぶ。

あの模型たちはどこにあるのかと目で探すと、実は撮影が終わったものは、処分してしまうという。

「作り込みよりは、作る速度、それから捨てやすさを優先しています。結構、壊れやすいですからもう一度使うのは難しいです」と植松さん。

素材は発泡スチロール

これが聖徳太子。「新しい学説も踏まえて、典型的なイメージではない、独自の顔にしました」

それでも、作業台に残されていた聖徳太子やキリストの中から、高さ20センチほどのヘンリー八世像を持ってみると、驚くほど軽い。見た目では分からないが、素材は発泡スチロールだ。

植松さんのほか、若いスタッフが3人いて、そのうちのひとりが手際よく紙をカッターで切り抜いて、人形の服を作っている。核の保有を巡る国際問題を解説する模型だ。

次ページ短時間で素早く制作
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT