ピクサーに根付く「トイ・ストーリー」の遺伝子

ある日本人社員が振り返る「ピクサー」の25年

コンピューターアニメーションの新時代を切り開いた(『トイ・ストーリー』© 2020 Disney/Pixar ディズニープラスで配信中)
11月22日、映画『トイ・ストーリー』が劇場公開されて25年を迎える。コンピューターアニメーションとしては世界初の劇場用長編映画で、世界中で大ヒットを記録。その後、続編が作られ、昨年6月にはシリーズ4作目の『トイ・ストーリー4』が公開された。トイ・ストーリーは、コンピューターアニメーションの新時代を切り開いた作品として、映画史にその名を刻んでいる。
トイ・ストーリーを生んだのが、当時はCG(コンピューター・グラフィックス)のソフト会社にすぎなかったピクサーだ。ピクサーはその後も『モンスターズ・インク』や『ファインディング・ニモ』『カーズ』などヒット作を連発、世界有数のアニメーションスタジオに変貌した。2006年にはウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社となり、ディズニーに欠かせない主要ブランドの1つになった。
こうしたピクサーの変貌を、当事者の1人として体験してきた日本人がいる。小西園子さん。アメリカの大学を卒業後、1994年にピクサーに入社。トイ・ストーリーの制作にかかわり、ピクサーの黎明期を知る1人だ。
小西さんから見た、ピクサーの変わったこと、そして変わらないこととは。トイ・ストーリー25周年とともに、ピクサーでの25年を振り返ってもらった。

前例のない挑戦だった

――入社当時のことを教えてください。

私が入社したときは本当に小所帯で、コアの社員は10人ぐらいでした。エド(キャットムル・ピクサー前社長)をはじめ、シニアレベルは博士号を持っている人ばかり。教えてもらうことだらけで、まるで学校のようでした。

入社時はジュニア・テクニカル・ディレクターという肩書。要は何でも屋さんです。レイアウト、ライティング、CGのバグの改善、アニメーション以外は何でもやりました。途中でストーリーもいろいろ変わったりして。もう夢中でしたね。

前例のない挑戦でした。スケジュールも、どうやって人を動かすかも、何も決まっていない。コンピューターの容量がどれぐらい必要かもわからなかった。スタートアップ企業が長編映画を作っていたわけですから。

トイ・ストーリーができたとき、実感はありませんでした。打ち上げパーティーではじめて大きなスクリーンで見たときは、感動というよりも、どうやってここまで作ってきたのかなって。これまでのことや、つらかったことばかり思い出していた気がします。

映画が公開(1995年)されて、周りから大きな反響をもらいました。その時にはじめて、「すごい映画なんだ」と思いました。歴史に残る映画に参加できたんだとそのときはじめて感じました。

次ページ自分のキャリアは自分で見つける
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT