「ディズニープラス」日本で成功するための条件

世界では半年経たない間に会員5000万人突破

ディズニープラスでは大ヒットアニメーション『アナと雪の女王2』だけでなく、関連する18作品をまとめて視聴できる(6月11日よりディズニープラスで配信予定)© 2020 Disney and its related entities

ウォルト・ディズニー・ジャパンは6月11日、定額制動画配信サービス(SVOD)「Disney+」(ディズニープラス)の提供を開始する。

ディズニープラスは2019年11月、アメリカなどでスタート。その拡大スピードはすさまじく、オーストラリア、欧州の8カ国、インドなどで展開し、半年も経たない間にグローバルの会員数は5000万人を超えた。5月4日時点の会員数は5450万人に上る。

日本では2019年3月からNTTドコモと組んでSVOD「ディズニーデラックス」を展開していたこともあり、ディズニープラスの「上陸」が遅れていた。日本のディズニーファンは、ようやく本場アメリカと同じサービスを視聴できることになる。

料金は月額700円(税別)。ディズニーデラックスの会員は超過料金なくディズニープラスに移行できる。今回もディズニーはドコモと組むが、ドコモ以外の携帯利用者も、「dアカウント」に登録すれば視聴できる。

フォックス作品も登場

ディズニープラスは、巨大メディアカンパニーであるディズニーが、文字どおり全社を挙げて取り組むSVODだ。動画配信で出遅れたディズニーが巻き返しを図る切り札でもある(2019年9月「週刊東洋経済プラス」に配信した「ディズニー、「動画ネット配信」戦略の全貌」を参照)。

ディズニープラスの最大の特徴は、コンテンツの豪華さだ。古典的なアニメーションから、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のような実写映画。さらに『トイ・ストーリー』などを制作するアニメーションスタジオのピクサー、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』が2019年に過去最高の興行収入を記録したマーベル、『スター・ウォーズ』を展開するルーカスフィルムといった各スタジオの作品が、過去作品を含めて見放題となる。

ディズニーは2019年、約713億ドルで21世紀フォックスを買収。それによりラインナップがさらに広がった。2009年に公開され大ヒットした映画『アバター』、ジョニー・デップ主演の『シザーハンズ』。自然・科学などのドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナルジオグラフィック」も、フォックス買収によって加わった。アメリカの長寿アニメーション『ザ・シンプソンズ』も、11日からディズニープラスで配信される。

次ページ独自コンテンツの多さも魅力
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT