激変する動画配信、ディズニーが示した「本気」

独自動画を次々と投入、「特別価格」で攻勢

ファンイベント「D23」の会場に設けられたディズニープラスのブース(記者撮影)

動画のインターネット配信が拡大する中、アメリカのウォルト・ディズニーが改めてその本気を見せた。

8月23日、アメリカ・カリフォルニア州のアナハイムで開かれた「D23エキスポ」。ディズニー社が2年に1度主催する、世界最大のディズニーのファンイベントだ。動画配信を統括するケビン・メイヤー氏は、11月から始める動画配信「ディズニー+(プラス)」にさらに独自コンテンツを加えると発表した。

メイヤー氏は「ディズニープラスはすべての年代層にとって楽しく、魅力的なサービスになるだろう」と胸を張った。

最大の武器はコンテンツの豊富さ

ディズニープラスは、11月12日に開始される動画配信サービス。最大の武器は、何といってもコンテンツの豊富さだ。

ディズニーは2006年のアニメーション製作会社・ピクサーを皮切りに、2009年にアメコミのマーベル、2012年に『スター・ウォーズ』シリーズで著名なルーカスフィルムを買収してきた。ディズニープラスではディズニーはもとより、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルという4つのブランドのコンテンツが過去作品も含めて見放題となる。

さらにディズニーは2019年3月、約713億ドルで21世紀フォックスを買収。今後は『アバター』や『X-MEN』といった強力なラインナップが加わることになる。ディズニープラスではまず、フォックス傘下で自然・科学などのドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナルジオグラフィック」を配信する。

次ページオビ・ワン・ケノービの新シリーズも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。