激変する動画配信、ディズニーが示した「本気」

独自動画を次々と投入、「特別価格」で攻勢

ファンイベント「D23」の会場に設けられたディズニープラスのブース(記者撮影)

動画のインターネット配信が拡大する中、アメリカのウォルト・ディズニーが改めてその本気を見せた。

8月23日、アメリカ・カリフォルニア州のアナハイムで開かれた「D23エキスポ」。ディズニー社が2年に1度主催する、世界最大のディズニーのファンイベントだ。動画配信を統括するケビン・メイヤー氏は、11月から始める動画配信「ディズニー+(プラス)」にさらに独自コンテンツを加えると発表した。

メイヤー氏は「ディズニープラスはすべての年代層にとって楽しく、魅力的なサービスになるだろう」と胸を張った。

最大の武器はコンテンツの豊富さ

ディズニープラスは、11月12日に開始される動画配信サービス。最大の武器は、何といってもコンテンツの豊富さだ。

ディズニーは2006年のアニメーション製作会社・ピクサーを皮切りに、2009年にアメコミのマーベル、2012年に『スター・ウォーズ』シリーズで著名なルーカスフィルムを買収してきた。ディズニープラスではディズニーはもとより、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルという4つのブランドのコンテンツが過去作品も含めて見放題となる。

さらにディズニーは2019年3月、約713億ドルで21世紀フォックスを買収。今後は『アバター』や『X-MEN』といった強力なラインナップが加わることになる。ディズニープラスではまず、フォックス傘下で自然・科学などのドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナルジオグラフィック」を配信する。

次ページオビ・ワン・ケノービの新シリーズも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。