激変する動画配信、ディズニーが示した「本気」

独自動画を次々と投入、「特別価格」で攻勢

そこに加えられるのが、ディズニープラス独自のコンテンツだ。今回の発表では、ディズニーの実写版映画の製作会社やマーベル、ルーカスフィルム、ディズニーチャンネルの各トップが入れ替わりに登壇。予定の時間を30分近く超え、約2時間にわたって独自コンテンツを次々と披露した。

新たに発表されたのは、『スター・ウォーズ』に登場するオビ・ワン・ケノービにスポットを当てたシリーズや、人形劇『マペット』の短編集など。会場にはオビ・ワン・ケノービ役のユアン・マクレガー氏や、『アベンジャーズ』シリーズに出演するポール・ベタニー氏、エリザベス・オルセン氏ら著名人も次々と登場し、約6800人の観客を魅了した。

ネットフリックスの半額、月6.99ドルで攻勢

前のめりの姿勢は価格にも現れている。ディズニープラスはアメリカで月6.99ドル。ネットフリックスの通常プラン12.99ドルのおよそ半額の設定になる。さらにグループで展開するスポーツチャネル「ESPN+」と動画配信「Hulu」のセットで月12.99ドル(アメリカのみ)。完全にネットフリックスを意識した価格設定といっていいだろう。

月6.99ドルは「かなり魅力的な価格だ」と語るディズニーで動画配信を統括するケビン・メイヤー氏(記者撮影)

ディズニープラスは、4Kなど高画質に対応。好きなキャラクターの設定や視聴内容などによってリコメンドも受けられる。それで通常料金月6.99ドルは「かなり魅力的な価格」(メイヤー氏)だ。

さらに今回のイベントでは、来場したファン向けに特別価格も設定。3年契約で140.97ドルと、実質月3.9ドルで提供する。特別なファン向けということもあり、もう一歩踏み込んだかたちだ。

11月12日にサービスを開始するのは、アメリカ、カナダとオランダ。その後はグローバル展開を視野に入れる。メイヤー氏は「ディズニーのコンテンツはグローバルに通用する質の高さがある」と自信を示す。国際事業の強化のために、ネットフリックスから人材を招き入れたことも明らかにした。

ただ、他地域での開始時期について、メイヤー氏は「できるだけ早く展開を始めたい」と述べるにとどめた。日本では今年3月にNTTドコモと組んで動画配信サービス「ディズニーデラックス」を月額700円(税別)でスタートさせている。棲み分けの問題もあり、ディズニープラスが日本で見られるようになるのは、まだ少し先になりそうだ。

次ページアップルも動画配信に参入
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT