激変する動画配信、ディズニーが示した「本気」

独自動画を次々と投入、「特別価格」で攻勢

ディズニーが動画配信に力を入れるのは当然の流れだ。動画配信大手のネットフリックスは、最近増加数が鈍化しているとはいえ、アメリカだけで約6000万人の契約者(2019年6月末)を抱える。ネット通販の王者アマゾンは「アマゾンプライム」で着々と動画配信を増やしている。

【2019年8月27日17:40追記】初出時、ネットフリックスの契約者数が誤って記載されていました。お詫びして訂正します。

今秋にはアップルも動画配信サービス「アップルTV+」を立ち上げる。アメリカの携帯電話サービス大手AT&Tもほぼ同時期に、買収したワーナーメディア(旧タイム・ワーナー)のコンテンツを活用した動画配信を始める。動画配信が新しい時代を迎えることは間違いない。

映画やテレビビジネスへ悪影響との声も

ディズニーは単にコンテンツを供給するのではなく、自らが動画配信の主役になろうとしている。ディズニープラスのサービス開始に合わせ、ディズニーはネットフリックスへのコンテンツの供給を止める方針。メイヤー氏は「業界が激変する中、われわれは幸いにも自分たちの運命を自分でコントロールすることができる」と表現する。

ディズニーの動画配信は、既存の映画やテレビビジネスに悪影響を与えるといった指摘もある。しかし、メイヤー氏は「有料チャネルのコンテンツをそのまま放映するわけではない。動画配信は、既存ビジネスを補うサービスになる」と意に介さない。

ファンイベントの最後には、「+」をかたどった紙吹雪で会場が埋め尽くされた(記者撮影)

ファンイベントでの発表会の最後、会場は「+」をかたどった紙吹雪で埋め尽くされた。そして来場者に配られたのが、「WE LOVE YOU 3000」のピンバッチ。過去最高の世界興行を記録した『アベンジャーズ エンドゲーム』で使われた、印象的なセリフからきたものだ。

ディズニーははたして、動画配信でも視聴者を「3000回愛せる」か。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT