有料会員限定

ディズニー、「動画ネット配信」戦略の全貌 敵はNetflixだけではない

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
D23で行われたディズニープラスのプレゼンテーション。豊富なコンテンツが最大の強みだ(D23 Expo公式より ©Disney)

特集「コンテンツ王国 ディズニーの逆襲」の他の記事を読む

11月12日、ディズニーが動画のインターネット配信を始める。「ディズニー+(プラス)」。ディズニーはもとよりピクサー、マーベル、スター・ウォーズの4ブランドのコンテンツが過去作品も含めて見放題になる。

サービスを開始するのは、アメリカ、カナダとオランダ。他国での展開時期は未定だが、ディズニーで動画配信事業を統括するケビン・メイヤー氏は「他の地域でもできるだけ早くサービスを始めたい」と語る。

ファンイベントのD23でも、最も力が入っていたのがディズニープラスのプレゼンテーションだった。『スター・ウォーズ』に登場するオビ=ワン・ケノービにスポットを当てたシリーズや、『ミズ・マーベル』、人形劇『マペット』など、ディズニープラス向けの独自コンテンツを新たに6つ発表した。

他の部門のプレゼンテーションでも、ディズニープラスに関するコメントが多かった。ウォルト・ディズニー・ジャパンでマーケティングと映画部門を統括する目黒敦氏は、「部門の壁を越えてディズニープラスに取り組むという強い意欲を感じた」と語る。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内