有料会員限定

ディズニー、「動画ネット配信」戦略の全貌 敵はNetflixだけではない

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
D23で行われたディズニープラスのプレゼンテーション。豊富なコンテンツが最大の強みだ(D23 Expo公式より ©Disney)

特集「コンテンツ王国 ディズニーの逆襲」の他の記事を読む

11月12日、ディズニーが動画のインターネット配信を始める。「ディズニー+(プラス)」。ディズニーはもとよりピクサー、マーベル、スター・ウォーズの4ブランドのコンテンツが過去作品も含めて見放題になる。

サービスを開始するのは、アメリカ、カナダとオランダ。他国での展開時期は未定だが、ディズニーで動画配信事業を統括するケビン・メイヤー氏は「他の地域でもできるだけ早くサービスを始めたい」と語る。

ファンイベントのD23でも、最も力が入っていたのがディズニープラスのプレゼンテーションだった。『スター・ウォーズ』に登場するオビ=ワン・ケノービにスポットを当てたシリーズや、『ミズ・マーベル』、人形劇『マペット』など、ディズニープラス向けの独自コンテンツを新たに6つ発表した。

他の部門のプレゼンテーションでも、ディズニープラスに関するコメントが多かった。ウォルト・ディズニー・ジャパンでマーケティングと映画部門を統括する目黒敦氏は、「部門の壁を越えてディズニープラスに取り組むという強い意欲を感じた」と語る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内