「宮崎駿作品」アメリカではまだ有名ではない訳

アメリカの子供にとって「アニメ=CG作品」だ

日本を代表する映画監督・宮崎駿。アメリカ人にはどう評価されているのか?(写真:Jun Sato/WireImage/GettyImages)

コロナの影響から新作映画の公開が限られるなか、日本では「宮崎駿監督」の根強い人気が再証明されている。6月には全国374の劇場で『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』が再上映。8月には「金曜ロードSHOW!」で放映された『となりのトロロ』(1988年公開)が16.5%の高視聴率を記録した。

海外からもリスペクトされる宮崎駿監督

宮崎駿監督は、言うまでもなく日本の国宝的存在。その才能は海外でも広く評価されてきている。ハリウッド関係者の中にも、「ミヤザキのファン」と言えば「わかっている」「センスがいい」との印象を与えるため、実際にはどこまで好きなのかさておいても、ファンを公言する人は多い。

とくにハリウッドのアニメ関係者からの信頼は絶大だ。筆者はディズニー、ピクサー、ドリームワークス、ブルースカイなどの監督、アニメーター、ストーリーアーティストを何度も取材してきたが、その中で「クリエーティビティーに行き詰まりを感じると、ミヤザキを見てインスピレーションをもらう」などの発言を、何度も聞いた。

今年前半、まだコロナ脅威が本格化する前に『トロールズ ミュージック★パワー』のウォルト・ドーン監督をインタビューしたときも、「宮崎駿は僕が最も好きなアーティストの1人。『となりのトトロ』『千と千尋の神隠し』『崖の上のポニョ』などは、何度も見た。わが子にも見せている。僕だけじゃなくて、このスタジオの人たちは、みんなそれらを見ているよ」と言っていた。

宮崎駿の偉大さをアメリカにも伝えたいと、最大の努力をしたのはピクサーに創設時から勤め、『トイ・ストーリー』『カーズ』などの人気アニメ映画を監督したジョン・ラセターだ。

2017年に起きた「#MeToo」で今やすっかり凋落してしまったが、ディズニーがピクサーを買収し、両社のアニメ作品における最高責任者に就いた頃の彼はハリウッドで最もパワフルな人物の1人だった。そんな彼が「天才」「友人」「最も独創性にあふれるアーティスト」と呼び、ことあるごとに持ち出した名前が「ミヤザキ」だったのである。

次ページディズニー社員も驚いた『ルパン三世 カリオストロの城』
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT