トラック運転手を追い詰める心ない消費者の声

「運転中もマスクを外すな」「コロナ運ぶな」

コロナの「第三波」でネット通販はさらに勢いづき、その陰でトラックドライバーが苦境に立たされている(写真:8x10/PIXTA)
「巣ごもり」需要により通販事業は活況で、荷物を運ぶ運転手は多忙を極めている。一見、ドライバーの売り手市場に思えるが、新型コロナで産業構造が変化し、労働力の需給バランスが崩壊。運転手の条件は日に日に厳しくなっているという。物流ジャーナリストの刈屋大輔氏は著書『ルポ トラックドライバー』でドライバーに「同乗取材」し、その実態を詳らかにした。同書より一部を抜粋し3回にわたってリポートする。

自粛警察がマスク着用を監視

新型コロナウイルスの感染拡大や政府による緊急事態宣言を受けて、2020年4月以降、物流大手各社はドライバーの安全・衛生対策として、うがいや手洗いの徹底、出勤時の検温、フェイスマスクの着用、車両や機材の消毒などを実施している。しかもこうした取り組みは自社ドライバーのみならず、出入りの下請けドライバーたちにも義務づけられている。

「その徹底ぶりは目を見張るものがある」と外資系宅配便会社の下請けドライバーは感心する。

「毎朝の出勤時の検温では37度を少しでも上回っていたら、その日は出勤停止となり、すぐに帰宅しなければならない。仕事に復帰できるのは平熱に戻った状態が数日間続いた後で、もちろんコロナに感染していないことが絶対条件だ。コロナ感染者や感染の疑いがある人との接触の有無や、仕事を休んでいる間の毎日の体温推移、病院で診療を受けた場合には診断結果などの報告も求められる」

とくに口酸っぱく指導されるのはマスクの着用だという。

「当初、マスクはドライバーが個々で負担していたが、すぐに元請けからの支給にかわった。元請けはドライバーに配布するマスクの枚数をある程度確保できているようで、基本的には1日1枚の使い捨て。営業所内にウイルスを持ち込まないようにするためなのか、車両置き場にはマスク専用のゴミ箱も用意されている」 

しかもマスクは集荷や配達の対面時だけでなく、運転中も極力外さないでほしい、と要請されているという。

「あるエリアを担当するドライバーがマスクを着用していなかった、と『自粛警察』から通報があったからだ。とはいえ、路上とかではなく、車両内での未着用を目撃したようだ。元請けの担当者は、世間から監視の眼が向けられているドライバーたちに同情しながらも、『こういうご時世だから我慢してほしい』と終日のマスク着用の徹底を呼びかけている」

次ページ気温の上昇とともにドライバーたちの体力を奪う
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT