(第6回)住宅投資・耐久財と借り入れ・輸入の関係

(第6回)住宅投資・耐久財と借り入れ・輸入の関係

2007年ごろまでのアメリカで、住宅投資と消費(なかんずく耐久財消費)が、GDP伸び率より高い伸び率で増加したことを前回述べた。この増加は借り入れに支えられたものであったが、このことを借り入れのデータで直接にチェックしてみよう。

アメリカの資金循環表によれば、02~06年の5年間において、家計の借り入れ増は5兆2149億ドル、うちモーゲッジローンの増は4兆5126億ドル、消費者ローンの増は5233億ドルである。残高の推移は、下図に示すとおりである(原データの不連続性によって、残高の差と右の数字は少しずれる)。

他方、GDP統計によれば、この間の住宅投資は3兆3046億ドル、耐久財消費は5兆3070億ドルだ。

以上から、アメリカの住宅投資のほぼ全額と、耐久財支出の約1割が借り入れによって支えられていたことがわかる(モーゲッジローンの借り入れ増のほうが住宅投資より多くなっているが、その理由は不明)。このために、支出が金融緩和とともに増加したのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT