(第6回)住宅投資・耐久財と借り入れ・輸入の関係

(第6回)住宅投資・耐久財と借り入れ・輸入の関係

2007年ごろまでのアメリカで、住宅投資と消費(なかんずく耐久財消費)が、GDP伸び率より高い伸び率で増加したことを前回述べた。この増加は借り入れに支えられたものであったが、このことを借り入れのデータで直接にチェックしてみよう。

アメリカの資金循環表によれば、02~06年の5年間において、家計の借り入れ増は5兆2149億ドル、うちモーゲッジローンの増は4兆5126億ドル、消費者ローンの増は5233億ドルである。残高の推移は、下図に示すとおりである(原データの不連続性によって、残高の差と右の数字は少しずれる)。

他方、GDP統計によれば、この間の住宅投資は3兆3046億ドル、耐久財消費は5兆3070億ドルだ。

以上から、アメリカの住宅投資のほぼ全額と、耐久財支出の約1割が借り入れによって支えられていたことがわかる(モーゲッジローンの借り入れ増のほうが住宅投資より多くなっているが、その理由は不明)。このために、支出が金融緩和とともに増加したのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。