現代の金融入門〔新版〕 池尾和人著

現代の金融入門〔新版〕 池尾和人著

世界金融危機の経験をどう生かすべきか。第一人者が金融の本質からリスク取引の功罪、規制のあり方、さらに政策効果まで改めて考察する。

証券化については全否定するのではなく、光の側面を伸ばし、その影の側面を抑制することを説く。商品設計の欠陥なら、速やかに是正する。証券化商品の組成者や投資者が無謀な行動をとっていたのなら、規律づけるために、規制・監督のあり方を見直し、その実効性を高める。また格付けなどの資本市場にかかわる情報インフラの点検と整備も同時に不可欠だという。

銀行規制は個別破綻対応の事前的対策と、システム危機回避の事後的措置の二段構えなどという、当局スタンスの「常識」も理解できる。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。