現代の金融入門〔新版〕 池尾和人著

現代の金融入門〔新版〕 池尾和人著

世界金融危機の経験をどう生かすべきか。第一人者が金融の本質からリスク取引の功罪、規制のあり方、さらに政策効果まで改めて考察する。

証券化については全否定するのではなく、光の側面を伸ばし、その影の側面を抑制することを説く。商品設計の欠陥なら、速やかに是正する。証券化商品の組成者や投資者が無謀な行動をとっていたのなら、規律づけるために、規制・監督のあり方を見直し、その実効性を高める。また格付けなどの資本市場にかかわる情報インフラの点検と整備も同時に不可欠だという。

銀行規制は個別破綻対応の事前的対策と、システム危機回避の事後的措置の二段構えなどという、当局スタンスの「常識」も理解できる。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT