オリックス、「シニア・チェアマン」の役割とは?

取締役退任を決意した宮内氏が目指すもの

グループCEO退任を明らかにした宮内義彦氏(右)と後継の井上亮氏

オリックスを世界有数の金融グループに育て上げた宮内義彦会長兼グループCEOが、6月24日の株主総会を機に経営の一線を退く。

これにより会長は空席となる一方、井上亮社長兼グループCo-CEOが社長兼グループCEOに就任して宮内氏のポストを継承する。オリックスは33年余りも続いた宮内氏の時代から、新たな段階に入る。

次世代の経営者を育成

もっともこの人事によって、オリックスグループにおける宮内氏のプレゼンスがなくなるわけではない。

取締役を退くものの、宮内氏は新たに創設される「シニア・チェアマン」に就任。「今後は長期的に、経営を執行する立場以外の観点から、オリックスグループの企業価値の向上への助言等を行っていく」(同社のニュースリリース)。

記者会見に臨んだ宮内氏自身が「非常にわかりにくい称号」「前人未到のポジション」と煙に巻くように、シニア・チェアマンとして具体的に何をなすかは定かではない。ただ、これまで経営者の日常業務に忙殺されてできなかった「当社の長期的な方向性、戦略をじっくりと考えること」をやりたいことの第一に挙げた。「もう一つなかなかできなかったのは、井上さんの次の世代から、これはという候補者を見つけ出して育成すること」。宮内氏は「この二つを手掛けたい」と語った。

さらに、「取引先や海外のパートナーとの付き合いも深めたい」(宮内氏)。新たなポジションに就くことにより、「どれだけ会社に貢献できるかを試みる新しい時期に入る」と宮内氏は目を輝かせる。

経営の一線から退くことを「初体験」と語った宮内氏は、78歳の現在も「極めて健康」(同氏)。以前は「ぎりぎりまでトップをやるべきだという思いが強かったが、それでは無責任になりかねないと思うようになった」という。

宮内氏は、「今後は大きく包み込むように会社に貢献できれば」と語る。「生涯現役」の思いを固めているようだ。

(撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2014年5月24日号「ニュース最前線」に一部加筆)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。