オリックス生命、業界生え抜き社長の秘策とは?

死亡保障の強化に本腰、グループの中核めざす

「グループ内での期待が大きい」と語る片岡一則社長
元大蔵・財務官僚が3代にわたって続いたオリックス生命のトップに、生保業界のプロが初めて就任。終身保険など「第一分野」(死亡保障商品)の強化を最大のテーマに掲げ、新たなチャネル戦略を打ち出そうとしている。片岡一則社長に戦略の青写真を聞いた。

「オリックス生命には大きくなってほしい」

――オリックス生命にとって、片岡さんのような生命保険業界で長年活躍した経歴を持つ方のトップ就任は初めてです。どのようなミッションを持って社長に就任されましたか。

1月にオリックスグループの年始の会議があった。そこで親会社の井上亮・オリックス社長から名指しで「オリックス生命には大きくなってほしい」と言われた。それだけグループ内での期待が大きい。

これまではどちらかといえば医療保険などの「第三分野」商品の魅力を武器に成長してきた会社だったが、そこから一歩進めて死亡保障などの「第一分野」も伸ばしてほしいと、宮内義彦・オリックス会長兼グループCEOからミッションを与えられている。現在も「ファインセーブ」(定期保険)や「キープ」(収入保障保険)など第一分野の商品はそろっているが、第一分野の新契約高をしっかりと伸ばしていける会社にすることが私の責務だ。

――なぜ第一分野に注力するのですか。

死亡保障の市場は人口減少とともに縮小傾向にあるとはいえ、銀行や証券会社が参入できない生保にとっての独壇場だ。市場が縮小しているとはいえ規模は大きい。

次ページ第三分野は競争が厳しい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT