オリックスが大型買収、完全復活への一里塚

危機対応終え、欧州企業を傘下に

辣腕経営者の完全復活なるか。オリックスはオランダ大手銀行ラボバンクから傘下の資産運用会社ロベコを買収する。買収額2400億円はオリックス史上最高、日本企業の買収では今年最大となる。

預かり資産23兆円超と世界的な資産運用会社のロベコ。リーマンショックが襲った1年を除いて過去10年間、預かり資産を増やし続け、直近2012年度は純益200億円、ROE14%をたたき出す優良会社だ。

オリックスの宮内義彦会長は「(世界経済が本当に)よい状況ならば、この価格では買えなかった」と振り返る。

10年に米国の中堅ファンド会社を買収したものの、資産運用分野での存在感が低かったオリックスは一躍「日本で首位の野村アセットマネジメントに匹敵する」(宮内会長)規模となる。

相乗効果の期待も大きい。ロベコは欧州に強いがアジアは手薄。オリックスが持つアジアでの強力な営業網にロベコの資産運用ビジネスを乗せれば、両社にウイン・ウインの成長果実が転がり込む──そんなシナリオを描く。

売り手のラボバンクは、ロベコの株式10%弱を保有し続ける。さらに買収額の一部は最大186億円分のオリックス株で受け取る。彼らもシナジーの果実を得られると考えているからだ。オリックスには、欧州の有力銀行との提携関係構築で大きな可能性が広がるメリットもある。

次ページ期待と不安が交錯
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。