「愛の不時着」がなお人々の心を掴み続ける必然

「フロムの名著」が教えてくれる"愛"の本質

日本を代表する翻訳家であり、法政大学名誉教授である鈴木晶さん(撮影:大澤誠)
書店に大量に並ぶ恋愛マニュアルや、愛されるための自分磨きの本。恋愛において成果を出すことを目的とするそれらと一線を画し、「人を愛するために“本質的に必要なこと”とは何か?」を説いているのが、哲学者エーリッヒ・フロムの『愛するということ』だ。1956年の刊行以来、半世紀以上にわたって、世界中で読み継がれてきた。
1991年に刊行された新訳版を手がけたのが、翻訳家であり法政大学名誉教授でもある鈴木晶さん。新型コロナウイルスの脅威が続く中で、感染者や特定の業種・職種が誹謗中傷されるなど、人間関係が殺伐としがちな今、改めて社会に必要なのは「愛」なのではないか。鈴木さんを訪ね、「愛」について聞いてきた。

――鈴木さんは、100冊以上の訳書を手がけてきた翻訳者としてよく知られた存在です。中でもフロムの『愛するということ』が有名で、今年も新刊を発売されましたが、鈴木さんが翻訳することになったきっかけは?

私は大学・大学院でロシア文学を学んだのですが、その一方でユングやフロイトの精神分析・心理学にも興味を持ち、専門家の先生方に師事しました。その流れで、フロイトの入門書を何冊か執筆しました。また大学院のころから翻訳家としても活動を始め、学んできた分野である心理学関連の本を中心に、これまで多数手がけてきました。

著者のエーリッヒ・フロムは、フロイトの弟子にあたる心理学者ということもあり、私のところへ改訳の依頼が来たのです。実は『愛するということ』はすでに翻訳が出ていて、私も学生時代に読んだことがありました。ただ当時は、読みづらいしよくわからない、という印象でしたね。

愛の定義は大きくは2つある

――翻訳をすることになり、改めてじっくり向き合って、感じたことは?

『愛するということ』の原題は『The Art of Loving』で、日本語だと「愛の技術」です。つまりこの本は、愛とは何かを説いた哲学書ではなく、愛することの技術を教える教科書なんです。

世の中には、「どうしたらモテるか?」「相手にこうしなさい」と書かれた恋愛マニュアルはたくさんありますが、『愛するということ』はまったく違います。ジコチュー(自己中心的)では本当の愛に出合えませんよ、精神的に成熟した人間になりましょう、と自分がどうあるべきかについて書かれているんです。すべてが発見で、まぁ面白かったですね。

――鈴木さんは、フロムによる愛の定義をどう捉えていますか。

まず、私はあくまで翻訳者で、愛についての思想家ではありません。訳者として原文を読み込み、そこから学んだ範囲でしかお話しできませんが、そのうえでお答えします。

次ページフロムによる愛の定義は大きく2つある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT