「カメラを止めるな!」俳優の波瀾万丈な生き様

濱津隆之「芸人、DJを経て役者になるまで」

『カメラを止めるな!』で主人公の映画監督役を務めた、濱津隆之さんの意外な半生とは(撮影:梅谷秀司)

「『カメラを止めるな!』見た?」

2018年の夏ごろから、人々の間であいさつのように交わされたこの言葉。わずか300万円の予算と、新人監督・無名俳優たちによって作られた『カメラを止めるな!』。映画館で見て熱狂した人も少なくないだろう。

全6回のレイトショーで終わるはずだった上映は、評判が評判を呼んでたちまち全国展開に。興行収入30億円超、観客動員数200万人(2018年12月時点)もの大ヒットとなった。

この連載の一覧はこちら

その『カメ止め』で主人公の映画監督役を務めた、個性的な面立ちの俳優を覚えているだろうか? 彼の名は濱津隆之(37歳)。本作のヒットで脚光を浴び、テレビのバラエティ番組などへの出演が相次いでいる。

しかし、『カメ止め』へ出演するまでは、まるで鳴かず飛ばず。最近まで昼間と夜間、ラブホテルで清掃アルバイトをしていた。アラフォーにして開花した彼の、芸能に注いだ半生を紹介する。

埼玉のマンションで「ビデオごっこ」

1981年、濱津さんは埼玉県川口市で生まれた。運動も勉強も苦手、クラスでも目立つタイプではなかった。けれど人を笑わすことが好きで、仲間内ではお笑い担当だったと少年時代を振り返る。

「小学生のころ、同じマンションに住んでいる幼馴染が4人いて。ビデオカメラを持ってるやつの家に集まって、面白いビデオを撮る遊びをしていました。当時、『ウゴウゴルーガ』っていう子ども向け番組があって、そのまねでコントみたいなことをしていたのかな。あとは、ラジカセにおしゃべりを吹き込んで、ラジオごっこもしていました」

懐かしそうな、少し照れくさそうな表情で濱津さんは話す。その口調には、お笑いタレントのヒロシさんのような哀愁が漂う。今、最も勢いのある役者の1人とは思えないほど腰も低く、性善説の正しさを確信してしまうような“いい人オーラ”を放っている。濱津さんの両親は寛容で、成績のことをうるさく言われたり、塾通いを強制されたりすることはなかった。そのため、仲間たちとお笑い活動(?)に打ち込むことができた。

高校を出た後は、千葉県流山市にある大学へ進学。とくに学びたいことがあったわけではないが、

「兄も姉も大学を出ていたので、僕もとりあえずは、と。周りには畑しかなくって。なぜそこを選んだかというと、僕の頭ではほかに受かる大学がなかったからです」

次ページ学園祭の経験から芸人への道を決意
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT