「水商売の人専用」の不動産屋の大きすぎる意義

ワケありの人にも寄り添う歌舞伎町の店

歌舞伎町・水商売の人向けの不動産屋が、支持される理由とは?(撮影:尾形文繁)

歌舞伎町あずま通りの中ほど。立ち並ぶキャバクラやガールズバー、ホストクラブなどの看板のなかで、かわいらしいクマのイラストが目を引く。カラフルな色彩、丸文字で書かれた店名。水商売専門の不動産屋「みずべや」だ。

みずべやの事業は賃貸不動産業。ただし、水商売で働く方に特化している。彼ら彼女たちのなかには、保証人がいない、借金がある、などいわゆる“ワケあり”の方もおり、一般向けの不動産屋では部屋が借りられないことも少なくない。みずべやは、そんな人々の部屋探しから入居までを支援しているのだ。歌舞伎町ならではの業態だと納得させられる。

人気はタクシーで1500円の物件

明るく清潔感のある店内(撮影:尾形文繁)

取材でお邪魔したのは午前10時。白を基調とした清潔感のある店内に、まだお客さんの姿はない。出迎えてくれた代表の岡さんは、礼儀正しく、柔和な青年といった風貌だ。

「10時から20時まで営業しているのですが、この時間はお客さんがほぼいないんです。皆さん、水商売の方たちなので、出勤前の夕方くらいに来ることが多いですね」

同店では通勤の利便性から、歌舞伎町までタクシーで1500円圏内の物件を多く扱っている。希望条件として多いのは、家賃12万~13万円ほどのワンルームマンション。なかでも独立洗面台つきと、ペット可が人気とのこと。とくに一人暮らしの女性は、チワワやトイプードルを飼いたいという人が多いそう。なぜか猫よりも犬が人気なんです、と岡さんは話す。

みずべやの独自サービスとして、お客さんが働いている店舗をスタッフが訪問し、その場で条件を聞いたり、物件の検索・紹介を行ったりもしている。電気やガス、水道の利用手続きの代行をすることも。まさに至れり尽くせりだ。

何より大きな特徴は、ワケありの方であってもほとんどが入居できること。

次ページ岡さんがこの事業を始めた理由は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT