「水商売の人専用」の不動産屋の大きすぎる意義

ワケありの人にも寄り添う歌舞伎町の店

歌舞伎町・水商売の人向けの不動産屋が、支持される理由とは?(撮影:尾形文繁)

歌舞伎町あずま通りの中ほど。立ち並ぶキャバクラやガールズバー、ホストクラブなどの看板のなかで、かわいらしいクマのイラストが目を引く。カラフルな色彩、丸文字で書かれた店名。水商売専門の不動産屋「みずべや」だ。

みずべやの事業は賃貸不動産業。ただし、水商売で働く方に特化している。彼ら彼女たちのなかには、保証人がいない、借金がある、などいわゆる“ワケあり”の方もおり、一般向けの不動産屋では部屋が借りられないことも少なくない。みずべやは、そんな人々の部屋探しから入居までを支援しているのだ。歌舞伎町ならではの業態だと納得させられる。

人気はタクシーで1500円の物件

明るく清潔感のある店内(撮影:尾形文繁)

取材でお邪魔したのは午前10時。白を基調とした清潔感のある店内に、まだお客さんの姿はない。出迎えてくれた代表の岡さんは、礼儀正しく、柔和な青年といった風貌だ。

「10時から20時まで営業しているのですが、この時間はお客さんがほぼいないんです。皆さん、水商売の方たちなので、出勤前の夕方くらいに来ることが多いですね」

同店では通勤の利便性から、歌舞伎町までタクシーで1500円圏内の物件を多く扱っている。希望条件として多いのは、家賃12万~13万円ほどのワンルームマンション。なかでも独立洗面台つきと、ペット可が人気とのこと。とくに一人暮らしの女性は、チワワやトイプードルを飼いたいという人が多いそう。なぜか猫よりも犬が人気なんです、と岡さんは話す。

みずべやの独自サービスとして、お客さんが働いている店舗をスタッフが訪問し、その場で条件を聞いたり、物件の検索・紹介を行ったりもしている。電気やガス、水道の利用手続きの代行をすることも。まさに至れり尽くせりだ。

何より大きな特徴は、ワケありの方であってもほとんどが入居できること。

次ページ岡さんがこの事業を始めた理由は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT