歌舞伎町ど真ん中の「三線専門店」が繁盛する訳

歓楽街に店を置く意外な必然性

歌舞伎町のど真ん中にある三線専門店。この立地で繁盛する理由とは?(写真:筆者撮影)

歌舞伎町のど真ん中に、交番がある。お店に例えると超・繁盛店のその交番は、いつも人でにぎわい、時に酔っ払いやヒートアップした人の声が周辺に響きわたっている。

一方すぐ裏手、ハイジアビルの1階には、表の喧騒がうそのように、のんびりした空間がある。三線を専門に扱う、ちんだみ三線店東京新宿店だ。

歓楽街のど真ん中になぜ三線専門店…?

名前のとおり3本の弦が張られた三線は、沖縄や奄美地方に伝わる楽器。「涙そうそう」「花」といった名曲でも用いられている。ちんだみの店内には、30本以上もの三線や、バチや弦(沖縄ではチルと呼ぶ)などがずらりと並ぶ。ここでは販売のほか、修理やレッスンも行っているという。それにしても、なぜ歓楽街のど真ん中に三線専門店があるのだろう。

「もともとは沖縄・那覇で1996年に開店したのですが、東京から来た人が立ち寄って、三線を買ってくれることも多かったんです。三線は購入した後、どうしても修理が必要になるので、東京にもお店があったほうがいいよねと、2002年に練馬でオープン。2017年に新宿に移ってきました」

そう話すのは社長の比嘉健琉(けんりゅう)さん。Tシャツ姿が似合う、柔和な雰囲気の男性だ。実は新宿に移転する際、治安が悪い、地価が高い、というイメージから、歌舞伎町は除外していたそう。

しかしビルの所有者が、「文化的なお店に入ってほしい」と希望していることを聞き、問い合わせたところ条件面で合致。近くに交番があることや、ビルには警備員が常駐していること、お店がガラス張りで外から見渡せることなど、安全面でも問題ないと判断し、ここへ移ることを決めたという。

それにしても、いろいろな楽器を扱うお店ならともかく、三線を専門に扱うお店が、歌舞伎町で経営的に成立するのだろうか。客層もまったく合わないように思える。失礼ながら尋ねてみると、「三線を弾く人は東京にもたくさんいるんですよ」と比嘉さん。

2001年、沖縄が舞台のドラマ「ちゅらさん」が放映された後、沖縄ブームが到来し、三線を始める人が一気に増えた。2015年には、俳優の桐谷健太さんが、三線で「海の声」という曲を弾き語りするCMも、再ブームの引き金になった。

次ページ関東一円からお客が訪れるちんだみ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT