「実母の暴挙」に苦しんだ48歳女性が見た死の淵

2度の離婚、子育て、介護のストレスでうつ病に

日に日に暴言がひどくなり、たまりかねた田中さんは、約3年で逃げるように家を出、調停を経て離婚。

田中さんは再びシングルマザーになった。

追い詰められて

田中さんの母親は、仕事中だろうと夜中だろうと関係なく、毎日のように携帯で田中さんを呼び出した。

「母は、シングルマザーになり、家庭を支えなければならない娘の事情などおかまいなしに、ヘルパーさんや父に頼めないようなことを『今すぐ来てやって!』と私に頼むんです。私が『仕事中だから』と言うと、『わかった! もう私はあんたに見捨てられたから死ぬから!』と脅してくるので、とうとう私はうつ病と摂食障害、パニック障害になり、精神安定剤や睡眠薬が手放せなくなってしまいました」

母親は、父親には遠慮し、ヘルパーには家事や食事介助以外は頼みたがらなかったため、田中さんの携帯はいつも鳴りっぱなしだった。

「母はつねに、『自分の子どもに謝ったり感謝したりする親がどの世界にいるんだ! あんたが私の面倒を見るのは当然!』と言っていました。母は父にも、私のことをわがままだとか、子どもたちをちゃんと育ててないとか言っているようで、『お母さんから聞いたぞ!』と、父からも説教をされていました」

そんなある日、田中さんは父親と話している最中に泣き叫び、キッチンにあるものを壊すなど大暴れした後、包丁を持って父親の前に立ちはだかった。

「父は、母の介護や子育て、夫によるDVや離婚調停、シングルマザーになったことへのプレッシャーなどから私がうつや摂食障害などになったことを知ったうえで、『気持ちの問題だ! 今の若いもんは弱くてどうしようもないな、ちゃんとしろ!』と笑いながら言ったのです。

そして、私が幼少期から母との関係性に悩んで苦しんできたことを訴えても、『お母さんのことを悪く言うな! お前がわがままばかり言ってお母さんを困らせているからだろう!』とまったく取り合ってくれませんでした。さらに、次男が発達障害のグレーだったのですが、それに対しても『自分の子を障害児扱いするな!』とすべて否定して、私のことをまったく理解しようとしてくれないことに、我慢ができなくなったのです」

田中さんは、「父の目の前で死んでやろう。父が今言ったことを、私が死ぬことで一生後悔させてやろう」と思い包丁を持ち出した。

すると父親は、今まで田中さんが母親から受けてきた仕打ちの数々や、「心の病はお前の気持ちが弱いからだ!」などと田中さんを否定し続けてきた自分の言動、うつになるまで追い込んでしまったことを泣きながら謝った。

次ページ父との和解、そして…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT