家という密室でまかり通る「おかしなルール」

14歳で母が自死した菊池さんの場合

「家」という密室がすべてだった時には、それが「おかしい」ことにさえ気づけずにいた(画像:『毒親サバイバル』より)

暴言、暴力、価値観の押し付け。「家」という密室の中では、どんなおかしなルールでもまかり通ってしまう。それは核家族でも大家族でもシングル家庭でも変わらない、家族であるがゆえの怖さだ。

親子の絆を美談に仕立てたがる風潮にきっぱりとNOを

ならば、逃げ場のない密室で傷を負わされながら育った子どもは、どうやって気づいて、どう対処して、今はどうしているのだろう。

『毒親サバイバル』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

毒親サバイバル』は両親や、祖父母に苦しめられながら育った元・子どもたちの体験談を集めたノンフィクションコミックだ。著者である菊池真理子さん自身も、アルコール依存症の父と、宗教に逃げて自死した母に振り回された過去を持っている。

10人の元・子どもたちに取材を重ねた菊池さんは、「最終的に親子は必ず許しあえる」「育ててくれた恩を忘れるなんて親不孝」という世間の常識や、親子の絆を美談に仕立てたがる風潮にきっぱりとNOを突きつける。

「家から逃げられるチャンスはいくらでもあったのに、私も逃げられなかった。傷を負わされた子どもたちが、『親から逃げる』という選択ができる世の中に変わってほしい」と語る菊池さん。そんな願いを込めて描かれた『毒親サバイバル』より第1話を特別公開する。

次ページマンガ家・菊池真理子の場合
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT