家という密室でまかり通る「おかしなルール」

14歳で母が自死した菊池さんの場合

「家」という密室がすべてだった時には、それが「おかしい」ことにさえ気づけずにいた(画像:『毒親サバイバル』より)

暴言、暴力、価値観の押し付け。「家」という密室の中では、どんなおかしなルールでもまかり通ってしまう。それは核家族でも大家族でもシングル家庭でも変わらない、家族であるがゆえの怖さだ。

親子の絆を美談に仕立てたがる風潮にきっぱりとNOを

ならば、逃げ場のない密室で傷を負わされながら育った子どもは、どうやって気づいて、どう対処して、今はどうしているのだろう。

『毒親サバイバル』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

毒親サバイバル』は両親や、祖父母に苦しめられながら育った元・子どもたちの体験談を集めたノンフィクションコミックだ。著者である菊池真理子さん自身も、アルコール依存症の父と、宗教に逃げて自死した母に振り回された過去を持っている。

10人の元・子どもたちに取材を重ねた菊池さんは、「最終的に親子は必ず許しあえる」「育ててくれた恩を忘れるなんて親不孝」という世間の常識や、親子の絆を美談に仕立てたがる風潮にきっぱりとNOを突きつける。

「家から逃げられるチャンスはいくらでもあったのに、私も逃げられなかった。傷を負わされた子どもたちが、『親から逃げる』という選択ができる世の中に変わってほしい」と語る菊池さん。そんな願いを込めて描かれた『毒親サバイバル』より第1話を特別公開する。

次ページマンガ家・菊池真理子の場合
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT