仕事のできない人は事実が何かをわかってない

思い込みにとらわれてると重要なことを見逃す

私なら「おいおい、まずは会社に貢献できるようになれよ」と思うかもしれない。しかし、社会貢献がこれほど強調される時代においては、当たり前なのかもしれない。

なお、これは皮肉ではなく、たしかに個人の社会貢献意識が高まるのは素晴らしいことだ。実際に、行政の調査などでも、社会貢献活動にたいする若者の比率はあがっている。これは間違いない事実だ。

(外部配信先では図表やグラフを全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

もちろん反社会勢力などの例外もあるものの、基本的に会社は社会に役立つ商品を売って利益を稼がなければ存続できないようになっている。そして法人税を払う。個人も同じで所得税を払って社会に貢献する。

私は知人から何度かボランティアに誘われて一度だけ参加した。災害地にあふれる泥をすくって撤去した。まったく私は役に立たなかった。単なる足手まといだった。

いろいろな調査を見ると、ボランティアなどの活動は、社会に役立つだけではなく、個人のキャリアにもいい影響を与えていると結論づけている。だから否定するつもりはないどころか、もっと盛んになっていい。実際に社会に役立ちたいと思ったり、ボランティア活動に勤しんだりする比率は伸びている。

言行不一致の問題

しかしそれにしても、これだけ「社会の役に立ちたい」という人が増えているにもかかわらず、不思議なことに、若者の人口に占める献血者の率は下がり続けている。献血は社会貢献のさいたるものだ。血液を待っている人は年中いるのだ。さらに、いつでも、どこでも献血は可能だ。それなのに減っている。

むしろ、50代から60代が上昇を見せている。これは1999年から年齢の上限が64歳から69歳になり認知が広がってきたことがあるだろう。また、年長者のほうが献血の大事さを、身をもって知るのかもしれない。

日本人の意識は変わった。しかも、非常に興味深く変化していると私は思う。そして、支援と被支援の関係性がすぐにわかる支援に移行している。これは批判ではない。あくまで自分を中心とした、自分のやりがい。その、わかりやすい関係性。

次ページ確実に誰かを助ける献血をする若者が増えていなかった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT