不器用で「生きづらい子」を生きやすくする方法

すべての子に役立つトレーニングがある

不器用で生きづらい子どもたちを支援するプログラムを紹介していきます(写真:Fast&Slow/PIXTA)
原因のわからない“生きづらさ”を抱えていないだろうか。もしくは、「うちの子は、不器用で生きづらそうに見える」と悩む保護者もいるだろう。そう感じる子どもには、認知力、対人力、身体力が弱い傾向があるかもしれないと指摘するのが、『不器用な子どもがしあわせになる育て方 コグトレ』を上梓した児童精神科医の宮口幸治氏だ。そんな人々、とくに子どもたちをサポートする「認知機能に特化したトレーニング」について聞いた。

不器用で生きづらい子どもたちは多数存在する

本当は素直でやさしい子だけれど、コミュニケーションが苦手で同世代の子と仲良くできなかったり、人の話を聞けずボーッとしたり、手先が不器用で物をすぐ壊してしまったり、感情をうまくコントロールできず、まわりの人を困らせてしまう……。

そんな“素直でやさしいけど不器用な子”を持つ保護者の方は少なくないのではないでしょうか。

ですが、いま、気になっている子どもの問題は、決して保護者のせいではありません。困っている行動にはさまざまな要素が隠れているのです。

私は、これまで少年院で児童精神科医として勤務してきた経験から、そんな「素直で人なつっこいのに、とても不器用な子どもたち」とたくさん出会ってきました。もちろん、「生きづらい子ども」が全員、非行に走るわけではありません。むしろ、不器用で生きづらい子どもたちは、「少年院の外」のほうに多数存在しています。

彼らは見る力、聞く力、見えないものを想像する力がとても弱く、そのために人が話していることを聞き間違えたり、まわりの状況が読めなくて対人関係で失敗したり、被害者的になったりしており、その失敗の積み重ねが「生きづらさ」につながっていると考えられます。

「生きづらい子ども」を包括的に支援するプログラム

そんな「生きづらい子ども」たちが生活の何に困り、どんなところでつまずいているか特徴や共通点を調べ、どうすれば具体的かつ効果的に支援できるかを考えて、出来上がったのが「コグトレ」です。

次ページコグトレとは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT