「グレーゾーンの子」は接し方でこうも変わる

「発達障害かも?」と悩む親たちに伝えたい

毎日頑張っているのに「フツーの育児」でうまくいかなかった(写真:kaka / PIXTA)
「全然人の話を聞かない」「登校・登園をしぶる」「宿題に取り組めない」
頑張って子育てをしていてもうまくいかない――もしかしてうちの子は発達障害かも……、と思い悩む人は少なくないかもしれません。そんな悩みに、自身も3人の発達障害&グレーゾーンのお子さんを育て、『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法』の著者である大場美鈴さんが答えます。

 

はじめまして。私は、3人の子どもの子育て真っ最中で、「お母さん」という世界一、同業者の多いお仕事をしています。

このお仕事、ただでさえ年中無休・無報酬という過酷なものなのに、うちの子たちはみんなちょっぴり取り扱いにコツがいる、育児上級者向けコースの子どもたちだったのです。

フツーの子育てがうまくいかない!? 

長男が幼稚園の頃、私はほかのお母さんたちと同じように、子どもが何かできたら褒め、ワガママを言えば諭し、いけないことをしたらしかって、子育てをしました。

ところが、うちの子ときたら、不器用で、あわてんぼうで、失敗ばかりだったので、「できたら褒めよう!」と思っていても、全然褒めるチャンスがやってこないのです。ワガママばかりでテコでも動かず、いくら根気よく優しく諭してみても、「イヤだ!」の一点張り。いけないこと、危ないことを注意しても、何度でもまた同じことをやらかすのです。

「フツーの子育て」の方法がまったく通じなかった私には、残る手段は「怒る」しか思いつきませんでした。とりあえず鬼の形相で怒鳴れば、動きを止めてくれます。ゲンコツを食らわせれば泣き止みます。ムリヤリ抱きかかえれば、家に帰れます。

身支度、登園、公園遊び、食事、兄弟げんか……と、子どもが何かをするたびに、一日中怒ってばかりいました。

次ページ成長すれば落ち着くだろうと思っていたが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。