「グレーゾーンの子」は接し方でこうも変わる

「発達障害かも?」と悩む親たちに伝えたい

毎日頑張っているのに「フツーの育児」でうまくいかなかった(写真:kaka / PIXTA)
「全然人の話を聞かない」「登校・登園をしぶる」「宿題に取り組めない」
頑張って子育てをしていてもうまくいかない――もしかしてうちの子は発達障害かも……、と思い悩む人は少なくないかもしれません。そんな悩みに、自身も3人の発達障害&グレーゾーンのお子さんを育て、『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法』の著者である大場美鈴さんが答えます。

 

はじめまして。私は、3人の子どもの子育て真っ最中で、「お母さん」という世界一、同業者の多いお仕事をしています。

このお仕事、ただでさえ年中無休・無報酬という過酷なものなのに、うちの子たちはみんなちょっぴり取り扱いにコツがいる、育児上級者向けコースの子どもたちだったのです。

フツーの子育てがうまくいかない!? 

長男が幼稚園の頃、私はほかのお母さんたちと同じように、子どもが何かできたら褒め、ワガママを言えば諭し、いけないことをしたらしかって、子育てをしました。

ところが、うちの子ときたら、不器用で、あわてんぼうで、失敗ばかりだったので、「できたら褒めよう!」と思っていても、全然褒めるチャンスがやってこないのです。ワガママばかりでテコでも動かず、いくら根気よく優しく諭してみても、「イヤだ!」の一点張り。いけないこと、危ないことを注意しても、何度でもまた同じことをやらかすのです。

「フツーの子育て」の方法がまったく通じなかった私には、残る手段は「怒る」しか思いつきませんでした。とりあえず鬼の形相で怒鳴れば、動きを止めてくれます。ゲンコツを食らわせれば泣き止みます。ムリヤリ抱きかかえれば、家に帰れます。

身支度、登園、公園遊び、食事、兄弟げんか……と、子どもが何かをするたびに、一日中怒ってばかりいました。

次ページ成長すれば落ち着くだろうと思っていたが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT