「ビッグデータ」の何が問題なのか?

ふつうの「データ」と「ビッグデータ」の違いとは

量が増えても大した意味はない

ビッグデータという言葉がよく聞かれるようになったのは、GoogleやAmazonといったネット企業において、顧客履歴のようなデータがそれこそ膨大に集まり始めたことがきっかけだったように思う。

購入物はもとより、一緒に購入したものや一緒に検索したもの、さらにはそれを見ていた時間や検索の順番、あるいは他のサイトとの連動関係なども一緒くたにとらえることができるようになった。これにもう少し別のデータを組み合わせることができれば、顧客属性と顧客行動をひもづけて分析することができる。これはそうとうに魅力的だっただろう。

おそらく、ビッグデータにかかわる企業の多くが実践しているのは、こうした量的にビッグなデータを分析し、売り上げ向上につながる一手を見つけ出すことにある。確かに、これによって新しい何かが見いだされることはあるかもしれない。

しかし、これが本当にビッグデータに固有のものなのかどうかはよくわからないところである。

ビッグデータとセットで語られることの多い「統計」を考えてみよう。この分野で行われてきたのは、少数サンプルから母集団を推定することだった。統計が発達している現在、量的にビッグでなくても、推定はもともと可能なのである。

ビッグデータそのものが答えを与えてくれるわけではないことは明らかだ。ここで再び質的な側面の話に戻れば、重要なのは、それがどういったデータから構成されるものであるのか、それをどう分析するのかのほうだった。

とすると、ビッグデータにおいても、これをうまく分析し、何かを発見できるリサーチャーこそが重要ということになる。ビッグデータが生きるも死ぬも、それは彼らの腕次第なのである。

次ページ「そのデータにはどういう意味があるのか?」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT