「ビッグデータ」の何が問題なのか?

ふつうの「データ」と「ビッグデータ」の違いとは

「どのように利用されるか」が違う?

さすがにそんなわけもないだろうということで、総務省の文章では、もう少し補足されている。

「ビッグデータは、どの程度のデータ規模かという量的側面ではなく、どのようなデータから構成されるか、あるいはそのデータがどのように利用されるかという質的側面について、従来のシステムとは違いがあると考えられる。」

大きさだけではなく、それがどう構成されたデータであるのか、それをどう利用するのか(これはあらゆる分析における、最初にして最大の問題だ)という点も含めて、ビッグデータというわけだ。

質的側面が重要であるという指摘はなるほど説得的だが、しかしここに、「従来のシステムとの違い」を示すことができるような特質があるようには見えない(そもそも従来のシステムとはいったい全体何のことだろう)。

要するに、補足してはみたものの、ビッグデータに固有な何かがあるとすれば、やはりそれは、量的な意味においてビッグだということになる。しかし一方で、重要なのはその“量”ではなく、結局、質的側面ということになる。

つまり、量がビッグであろうとなかろうと、質的側面が重要であることに変わりないということになるのだ。

次ページ量が増えてもたいした意味はない?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT