まずは自分に注目せよ!本質直観のすすめ

哲学の方法をマーケティングに取り入れるということ

哲学とビジネスに共通する問題とは?

著者:水越康介(経営学者、首都大学東京准教授) 撮影:今井康一

近年注目されるソーシャルメディアや時事問題に始まり、経営学の基本的な考え方まで、1年にわたって、この連載では経営学の話題を提供してきた。

その中に貫徹する主張はあっただろうか。思い返せば、それはつまるところ「当たり前や常識を疑う術を身に付けよう」ということだったかもしれない。

最後に改めて提示したいのは、「本質直観」というアイデア、このところまとめたいと思っていたテーマだ。

きっかけは、たまたま読んだ『はじめての哲学史』(竹田青嗣/西研・編)という教科書だった。およそ経営学とは関係なさそうなタイトルだが、面白い一節があった。「哲学というものは、直観補強型思考ではなく、直観検証型思考だ」というくだりである。

いわく、哲学では、主観と客観の一致をどう実現するのかが議論されてきた。自分の独断的な思いである主観を、どうすれば客観的で正しいといえるのかと。映画『マトリックス』ではないが、今自分が見ている世界が幻想や作り物ではないと確認することは、とても難しい。

これは、ビジネスにも共通する問題だと思う。たとえばあるとき、どうも機能性飲料に新しい需要があるらしいと気づく。さて、どのようにすれば、自分のこの思いが正しいかどうかを確認できるのだろうか。

次ページ何かを気づいてしまった「自分」に注目することから
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT