私が届ける野菜!「食べチョク」女社長の凄腕

農家の娘がコロナで直面した、日本の農業危機

国は農業の大規模化を後押しするが、高齢化や後継者不在で廃業する農家は増える一方だ。多くの農家にとって顧客は農協であり、「来年はこれを作るといくらで買う」と言われるまま、生産活動を続けるケースは少なくない。家族経営の零細な小規模農家ほど、その傾向は強くなりがちだ。

起業して間もない頃、秋元はショックを受けたことがある。地方に行くと直売所は活気にあふれ、農協が介在しない市場外流通が増えていることはデータにも表れていた。しかし、実際に農家に聞いてみると「自分で値付けできても、価格競争が激しいので叩き売りになる」という、厳しい現実を知らされたからだ。

生産地と消費地の「分断」をネットでつなげたい

意識の高い農家は、週末に都心で開催されるファーマーズマーケットに、赤字覚悟で出店する。高い出店料や駐車料、宿泊料を払ってでも、良質な固定客を捕まえるのが目的だ。

分断された生産地と消費地は、ネットならば、簡単につながることができる。だからこそ「私は誰もやろうとしない中小規模の農家を支援したい。小規模だからこそのよさがあるし、景観の維持などいろいろな役割がある」と秋元は言い切る。

思いを支えるのは自身の原体験である。実家も販路があって儲けがあれば、農家を廃業せずに済んだかもしれない。「毎年毎年、農家がいなくなっていく。食べチョクがあることで農業を続けられるようになってほしい」(秋元)というのが創業時からの変わらぬ思いだ。

ビビッドガーデンが見据えるのは、オンライン販売だけではない。「生産者支援を目的に、農家向けビジネスを手掛けたい。商品が売れるようになれば、人手や資材調達の必要性が出てくる。コストカットすると、利益が上がる農家も多いので、経営の課題の部分にも着手したい」(同)。日本の農業改革を見据え、壮大な野望を描く。(敬称略)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT