トリドール、日系初アフリカ進出に潜む事情

「丸亀製麺」ではなくテリヤキで勝負

トリドールがアフリカに出店するのは、主力の「丸亀製麺」(写真)ではなく、新業態の照り焼き店だ

低価格のセルフ式うどん「丸亀製麺」で一躍うどんブームを作り出したトリドールが、今度はアフリカ大陸に飛び出す。同社によれば、アフリカ進出は日系の外食チェーンとして初となるという。

といっても、アフリカ上陸はうどんではなく、鶏肉の照り焼きを主体とするファストフード店「teriyaki JAPAN」となる。ケニアの首都ナイロビで2014年中に1号店を出店し、2017年までに20店舗へ拡大する計画だ。

社長が現地でつかんだ好感触

ナイロビは外食産業が発達しておらず、トリドールが確認できたところによれば、欧米の外食チェーンでケンタッキーフライドチキンが5店、サブウェイが2店しかなかったという。

うどんが現地の人に受け入れられるかわからず、もう少しわかりやすいものをと考えた結果、アフリカ諸国でも貴重なタンパク源であると同時に、“ごちそう感”を演出でき、かつ人気のある鶏肉に注目。日本食にルーツを持ちながら、世界的に認知度の高い「照り焼きチキン」で勝負をかけることにした。

アフリカ進出にあたっては、粟田貴也社長が実際に現地に飛び、ナイロビの街の雰囲気に接して、「これならいける」と好感触を得たそうだ。治安やマーケット規模などから、アフリカ諸国の中では有望な市場と判断したという。

次ページ海外展開に積極的なワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT