(第28回)「四字熟語・故事ことわざ」で綴る就職支援・第十五話『筆記試験』

(第28回)「四字熟語・故事ことわざ」で綴る就職支援・第十五話『筆記試験』

菊地信一

 筆記試験と一口にいっても、その内容は主に5点に分類されることを、まず理解してほしい。
(1)いわゆる最新時事問題(これは4月試験ならば、前年の10月から翌年の3月までの半年間を指す)
 政治、経済、社会、スポーツ、文化、国際問題など幅広いジャンルにわたっている。
(2)定番の時事問題
 ノーベル平和賞の受賞者を問うケースや憲法問題、世界遺産問題などがこれに当てはまる。別名「古典的な時事問題」とも呼ばれているものだ。
(3)一般教養問題
 日本史、世界史、地理、化学、物理、地学、数学、芸術、文化、哲学、宗教といったジャンルがこれに当てはまる。
(4)国語系の問題
 漢字の読み、書き、意味、難読漢字、言葉の意味・言い回し、文章の並び替え、故事・ことわざ、名句・名言、四字熟語、同音異義語、外来語(言い換え)、用字・用語、慣用句、類義語・反対語などだ。SPI検査の言語能力問題と関連していることに着目してほしい。
(5)英語系の問題
 時事英語が主に出題されている。このケースでは、試験の実施される月の1年前から直前までが、その範囲に当たる。会話文の空白を埋めるようなパターンも多い。
 以上(1)~(5)に対する、それぞれの対策をいかに効率よく立てていくかが、合格するための条件といえよう。そのためにも、「出題の割合」を覚えておく必要がある。
 前述したように、(1)~(5)への個別対策学習を進めていかなければならない。ここでは、より適切で効果のある学習法を記そう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。