「親の宗教」に20年囚われた女性が語る壮絶過去

薬は不可、自宅には「幹部」が交代で同居

以来道子さんは、A教のさまざまな「教え」に、強く縛られて生きてきました。例えば「体に悪いものをとってはいけない」という教え。薬は悪いものとされており、病気になっても、熱が出ても、薬を飲んではいけないのです。そのため道子さんはA教を離れてからも、なかなか病院に行けなかったそう。「教えを破れば悪いことが起きる」と、つい考えてしまうのです。

「魂が曇る」からということで、「怒り」をもつことも禁じられていました。もしそういう感情をもってしまったときは、神様にお詫びをしなければなりません。これはつらいでしょう。「怒りをもつまい」とすれば、その感情の行き場がありません。

「よくないことが起きると、なんでも『自分のせいだ』と思っていました。怒る気持ちが出たら『こんな気持ちになってごめんなさい』って神様に謝るんです。自分で自分の気持ちを打ち消し、打ち消し、やっていたんですね。今思うと、ひたすら自己評価が低くなるような思考の癖がついていました」

道子さんと一緒に入信した姉は、すでに大人になっていたためか、それほどA教の教えに縛られず、「平気で煙草を吸ったり」していたそうですが、道子さんは違いました。幼い時期に教えを受けたせいか、あるいはもともとの性格か、「ダメと言われたものは、もう絶対にダメ、と思っていた」と言います。

お金を持つことにも長い間罪悪感があったといいます。「ある分だけ神様にご奉納しないといけない」と思い込まされてきたからです。

「お金というのは神様から貸し出されているものだから、返さないといけないと思っていました。だから高校生になって初めてアルバイトをしたときも、大した額ではないけれど、『ご奉納しないといけないかな』って」

ずいぶんとA教に都合のいい「教え」に見えます。信者の多くがこう思っていれば、お金を集めることは、とてもスムーズだったでしょう。

教えに従わなければ悪いことが起きるし、逆に悪いことが起きたときは、その人の行いが悪かったせいにされる――。365日、四六時中、つねに“脅迫されっぱなし”のような状況です。道子さんは小学生のときから、そんな日常を送ってきたのです。

遊びよりも勉強よりも「儀式」が優先される

中学、高校の頃、道子さんの家にはつねに住み込みの「幹部」がいました。「幹部」というのは、出家をしてA教に奉仕する人(ただし給与は出る)の呼び名で、皆20代の若者でした。1人1年くらいずつ、全部で5人の「幹部」が交代で住んでいたといいます。その頃、父親はほぼ寝たきりの状態だったので、いつでも「儀式」を行えるように、という名目でした。

「もう、落ち着かなかったです。最初の頃は食事も(家族と)一緒だったし、お風呂も共用で気を使ったし。A教は週に1度、休みの曜日があって、そういう日は私が学校から帰ると家のソファに(住み込みの「幹部」が)寝ていたりする。家にあるものを家族以上に勝手に食べてしまう人もいたり、すごく落ち着かなくて」

次ページ父親の病状は徐々に悪化
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT