19歳から3人産んだ女性が岐路で下した「決断」

子どもと自分を守るために何ができるか

離婚を経て3人の子を育てる愛さんの「選択」とは?(写真:Fast&Slow/PIXTA)
人生は、思い描いていたとおりに進むとは限らない。予測もつかないタイミングで子どもを授かったり、一度は愛を誓い合った相手から思わぬ形で裏切られたり。「まさか」と思うような人生の落とし穴は、そこかしこに転がっている。
とくに子どもがいるうえでの離婚は想像以上に過酷であり、その後の人生をどう生きるか、否が応でも何らかの「選択」を迫られることになる。大人同士の事情で生じた生活の変化により、いかにして子どもたちを守っていけばいいのか。そのうえで自分自身の幸せをどう再構築するか。
今回はシングルマザーとして3人の子を育てる、清瀬愛さん(仮名、33歳)さんのケースを取り上げる。自他共に認める恋愛体質で「異性を見る目がない」と話す彼女が、わが子を守り育ててきた10数年間に及ぶ軌跡とは――。

19歳で子どもができて怒濤の生活に…

「負けず嫌いで、とにかく気が強いタイプなんです。可愛げとは程遠くて、正直男運も散々。そんな私ですが、3人の子どものことは絶対に守っていきたいし、私自身の幸せも諦めたくはない。だって私が悲観的になってしまったら、きっと子どもたちの人生も暗いものになってしまうから」

販売店勤務の契約社員である愛さん。人なつっこい笑顔、女性らしい佇まいとは対照的に、彼女が歩んできた道のりは決して平坦なものではなかった。

この連載の一覧はこちら

最初の結婚は19歳。相手は当時、働いていたチェーンのカラオケ店の同僚だった。付き合って1年経った頃、子どもができたのがきっかけだ。恋人としては好きだったが、生活していくことを想像すると絶望的だった。

「ケンカになれば輩(やから)のような口調で罵るし、お金もあるだけ使ってしまう人で。それでも若い私にとっては大切な人だったんです。今思うと疑問なんですけどね」

授かった子どもを堕ろすことだけは考えられなかった。そこで愛さんは決意した。父親として、子どもを“認知してもらおう”と――。

次ページ「子どものために父親の戸籍を残したかった」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。