夫の不倫と破産…2度離婚した39歳女性の転機

専業主婦が「稼ぐ力」を手に入れるまで

専業主婦だった麗子さん(39歳、仮名)が、2度の離婚を経て手に入れたものとは…(写真:筆者撮影)

人生は、思い描いていたとおりに進むとは限らない。予測もつかないタイミングで子どもを授かったり、1度は愛を誓い合った相手から思わぬ形で裏切られたり。「まさか」と思うような人生の落とし穴は、そこかしこに転がっている。

とくに子どもがいるうえでの離婚は想像以上に過酷であり、その後の人生をどう生きるか、否が応でも何らかの「選択」を迫られることになる。大人同士の事情で生じた生活の変化から、いかにして子どもたちを守っていけばいいのか。そのうえで自分自身の幸せをどう再構築するか。

2人の娘を持つ専業主婦だった千原麗子さん(39歳、仮名)は、夫の裏切りによる壮絶な離婚劇を通して無力さを痛感し、「自活する力」の構築を決断した。麗子さんが経済的自立を目指し奮闘した日々、その最中での再婚、そして自らの“意思”で2度目の結婚に終止符を打つに至るまでのストーリーを追った。

最初の夫が隠していた驚きの事実

「看護学校に入学したのは29歳。2人の娘を抱えて放り出されるように離婚した翌年のことです。看護師という仕事が好きとか嫌いとか、そんなことは考えたこともありません。とにかく女手ひとつで娘たちを成人させるためには、一生働ける安定した仕事に就かなければならなかったんです」

この連載の一覧はこちら

23歳の頃、1人目の夫となる男性と出会った。勤めていた金融会社の顧客で、医療関係の営業マンだ。彼は社交性と話術に長け、あっという間に麗子さんを魅了した。とんとん拍子に結婚話は進み、同時期に麗子さんは1人目の娘を妊娠。それ機に退職をして専業主婦になったものの、幸せな結婚生活は長くは続かなかった。破綻のきっかけは、1枚の旅行券だった。

「2人目の子どもが3才になり、結婚5周年を控えた平穏なある日のことでした。無造作に置いてあった夫の手帳からはみ出した旅行券を、たまたま見つけてしまったんです。能天気な私は、てっきり夫がサプライズで旅行を準備してくれているものだと思い込んでいました。でも日程が近づいてきた頃、夫が『出張が入ったので留守を頼む』と言うんです。おかしいと思いママ友たちに相談したところ、それは“クロ”だね、と指摘されました」

次ページ車からは破産申告書が…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。