倒産を乗り越えた!「カウンタック」の神通力

その裏にいた天才スタンツァーニの才覚と商才

「ベルトーネの総力を挙げて作ったモデルは、よくできていました。しかし、その製造原価は、フェラーリの同ランクのクルマと比べて2倍以上だったのです。いくら何でも、新興のランボルギーニがフェラーリの2~3倍もの価格のクルマを売るわけにはいかないでしょう。そこで閃いたのです」とスタンツァーニ。

「それならボディも内製化すればいいではないか」「なぜそんなクルマ作りの重要なことを他人まかせにするのか」とスタンツァーニは考えた。

ランボルギーニ社内の作られたボディアッセンブリーライン(写真:ファブリツィオ・フェラーリ・アーカイブ)

モデナのメーカーにとって、スーパーカーのボディはトリノに任せるというのが当時の常識であった。だから、「そんなことできるわけがない」とスタンツァーニは皆から諫められたし、当のベルトーネも「ああどうぞ。できるものならやってみなさい」とバカにした対応だったとスタンツァーニは笑う。

しかし、結論を言ってしまえば、それは“できた”のだ。

旧知のシャーシ作りの達人、マルケージ社(ミウラのシャーシも彼らの仕事だった)の協力を得て、軽量化と剛性を両立するような鋼管パイプを組み合わせたシャーシを完成させた。そこに社内でボディパネルと内装を組み付けるというのが、カウンタックのボディ製造プロセスであった。

ストーリーの裏にキーパーソンあり

この設計変更により、当初のモノコック構造よりも軽量で高い剛性を持つボディが完成した。もっとも、スタンツァーニは用意周到にフェラーリ「テスタロッサ」や「250GTO」という名車を手がけた、カロッツェリア・スカリエッティの腕利きをこのプロジェクトのためにこっそり引き抜いていた。

晩年のパオロ・スタンツァーニ(筆者撮影)

そんな、スタンツァーニの蒔いた種のおかげで、カウンタック製造に関する外注コストは考えられないほど低く抑えられていた。それが、裁判所管理下という劣悪な経営状況の中でも作り続けられた、大きな理由なのだ。

「困難や新しい挑戦であるほど、やる気が出るのは、私の持ち合わせた悪い性分です。この“明日でもできることは、今日中に完成させろ”というのが新興メーカーであったランボルギーニのDNAでもあるのです」と、スタンツァーニがかつて語ってくれたことを思い出す。やはり名車の影には、然るべきキーパーソンと素晴らしいストーリーが存在するのだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT