ランボルギーニがフェラーリに肉薄できた理由

似て非なる戦略と今も生きる創業者の信念

ファクトリーのラインを流れる「ウラカン」(写真:ランボルギーニ)

ランボルギーニが売れている。昨2019年は、全世界で8205台という年間販売台数の歴代新記録を達成した。前年比で43%増もの健闘ぶりだ。ハイパフォーマンスカー業界の王者であるフェラーリは昨年、1万131台というこれまた歴代新記録を達成しているが、ランボルギーニもその数字に肉薄してきた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

その内訳はV10エンジン搭載の「ウラカン」が2139台、V12エンジンの「アヴェンタドール」が1104台、そしてSUVの「ウルス」が4962台だ。社のマネージメントが何回となく移り変わり、厳しい経営環境にあった過去が信じられない好調ぶりである。

中でも、ウルスの販売台数が全体の半分以上を占めているところに注目したい。ランボルギーニがライバルであるフェラーリと異なったスタンスをとっているのは、このSUVに対する戦略だ。

頑ななフェラーリ、柔軟なランボルギーニ

フェラーリは、あくまでも純粋なスポーツモデルにそのアイデンティティを置き、今までSUVはおろか4ドアモデルすらラインナップに載せたことはない。あくまでもフェラーリは非日常の存在であるという、徹底したブランディングに徹してきた。

一方、ランボルギーニもスポーツカーとしてのDNAにこだわりを持ってはいるものの、フェラーリよりは柔軟性があった。

2008年に発表された4ドアのコンセプトモデル「エストーケ」(写真:ランボルギーニ)

クライスラー傘下にあった時代には、クライスラーのセダンにランボルギーニ・バッジを付けるというプランも存在したし(これは当時クライスラーのトップであったリー・アイアコッカお得意の手法だったが、周囲の猛反対で撤回した)、近年も4ドアのコンセプトモデル「エストーケ」を発表している。

さらに1970年代にさかのぼれば、ミリタリービークルを起源とする大排気量の豪華SUV「LM」シリーズをラインナップに入れていたぐらいだ。

フォルクスワーゲングループ(アウディ傘下)に属するランボルギーニには、SUVの開発にまつわる十分なリソースが存在する。グループ内にはポルシェやベントレーをはじめとするハイパフォーマンスSUVの先輩たちがすでにたくさん存在した。そんなワケで、その技術やコンポーネンツを最大限に活用し、ランボルギーニならではの個性的SUVを開発することができたのだ。

次ページフェラーリからSUVが生まれない理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT