なぜNetflixはLGBTコンテンツに積極的なのか

あの人気韓国ドラマが潮目を変えるきっかけに

Netflixを代表する人気リアリティショーで、LGBTジャンルの代表例『クィア・アイ』。日本を舞台にした番外編の『クィア・アイ in Japan!』は水原希子がナビゲーター役を務め、エピソード3には渡辺直美がゲストとして登場する(写真:Netflix)  
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

「LGBTコンテンツ」の8割がネット動画でリリース

LGBTをテーマにした映画やドラマ、リアリティショーの新作の8割がネット動画配信サービス向けであることがイギリスのリサーチ会社Ampere Analysisの調査結果でわかりました。

この連載の一覧はこちら

なかでもLGBTコンテンツを最もそろえるのがNetflix。女性刑務所を舞台にした社会派コメディードラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の成功が大きく影響し、多様性を描くドラマは今やヒットの条件の1つ。日本で今ブームを起こしているNetflix韓国ドラマシリーズにもその要素が取り入れられています。

Ampere Analysisが発表したこの調査結果は、2019年第1四半期から2020年第2四半期の間に世界各地で発注された新作の数からLGBTコンテンツを割り出したもので、その8割がネット動画でリリースされるというのです。

「Netflixの『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』とAmazonプライム・ビデオの『トランスペアレント』はLGBTコミュニティーを超えて、LGBTをテーマにしたコンテンツの魅力を証明したもの」と、Ampere AnalysisのアナリストAlice Thorpe氏は解説しています。

アメリカでは「HBO Max」「Peacock」「Quibi」といったNetflix対抗の世界規模のネット動画配信サービスが続々と立ち上がり、そこでもLGBTコンテンツが目玉としてラインナップされていることも指摘していました。

次ページNetflixはLGBTコンテンツを最も多く提供
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT