東京の町医者から見た日本のコロナ対策の弱点

検査体制と二類感染症扱いはこのままでいいか

コロナ感染が公になることの弊害が大きくなりすぎている(写真:itakayuki/iStock)

「経路不明が5割弱」

朝日新聞の7月11日記事にこんな記述があった。連日200人以上、新型コロナウイルスの感染者が出ている東京都の発表だが、むしろそれほど感染経路をみな正直に語っていることに驚いた。

感染症法の第3章(12条~16条)には「感染症に関する情報の収集及び公表」の規定がある。これにより、感染症の疑似症患者などに「行政検査」をして、濃厚接触者などに「積極的疫学調査」をすることになっている。

感染経路を正直に語る患者が多いことは、厚労省クラスター班にとってはありがたいことだろう。

ただし、そのデータが生かせているのだろうか。「夜の街関連」という標語しか聞こえてこない気がする。実際、「感染者数抑制」という数字にもつながっているとは思えない。

医療機関のスタッフが感染した場合、公表することで引き起こされる事態はさらに深刻だ。

外来が閉鎖されれば、当然患者にとっても不利益となる。

医療スタッフの感染は本人だけでなく家族も差別の対象になる。子どもの幼稚園が学級閉鎖になったケースもある。

日本は「感染は自己責任」と考える傾向が強い

大阪大学の三浦麻子教授らの調査によると、日本ではほかの国よりも「新型コロナウイルスに感染するのは自己責任」と考える人が多いそうだ。

教授らが賛否の程度を6段階に分けたうえで400~500人に「感染する人は自業自得だと思うか」と質問をしたところ、「どちらかといえばそう思う」「ややそう思う」「非常にそう思う」のうちのいずれかを選んだのは、アメリカ1%、イギリス1.49%、イタリア2.51%、中国4.83%に対し、日本の割合は11.5%にも上った。

一方、「自業自得だとはまったく思わない」と答えた人は日本を除く上記4カ国が60~70%台だったのに対し、日本は29%台にとどまったそうだ。

次ページ新型コロナを「二類感染症扱い」にしていることの弊害
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。