異性に「モテない職業」39歳女医が結婚できた訳

気乗りしない紹介で出会った「大親友」

気乗りしない紹介で出会った人と電撃婚。そんな2人の出会いと現在とは…?(イラスト:堀江篤史)

東北地方のターミナル駅近くにあるメキシコ料理店に来ている。夕食をともにしながら結婚ストーリーを聞かせてもらうのは、医師の大西理恵さん(仮名、44歳)と医療業界で会社員をしている仁さん(仮名、51歳)だ。約束の5分ほど前に店に行くと、理恵さんと仁さんは先に座って待っていてくれた。

理恵さんは人懐っこい笑顔で可愛らしい雰囲気の女性。一方の仁さんは、頭髪は薄くなっているものの肌艶がよくスマートな体型で若々しい。丸っこい眼鏡もお洒落だ。2人とも異性から好かれそうなのに結婚したのはわずか5年前。それまではどうしていたのか。挨拶もそこそこに聞きたくなった。

お相手に敬遠される「女医」

「何でも聞いていただいて大丈夫です。言えないことは言えないとお伝えしますから」

この連載の一覧はこちら

気を利かせて話しかけてくれる理恵さん。医師としてのキャリアと仕事内容には満足し、充実した日々を送ってきたようだ。余裕と自信に裏打ちされた優しさを感じられる。いいお医者さんなのだろう。

「30歳ぐらいのとき、仕事はある程度落ち着いたので結婚したいなと思いました。職場によく思っていた同僚がいたのですが、お付き合いするには至らず……。婚活の本などを読んで理論的なことはいっぱい学びましたが、実践は足りませんでした。母親から半強制的に結婚相談所に入れられたこともあります。でも、誰とも会わずに退会してしまいました」

理恵さんが職場である病院以外での出会いに躊躇したのは、女性の医者という立場も影響していると思う。とくにお見合いでは男性から敬遠されがちなのだ。

「女性は医学部生のうちに相手を見つけておいて、少なくとも医者になって2年目までに結婚する。そうしないと一生結婚できないことが多い。これ、医学部のあるあるです」

35歳を過ぎてからは理恵さんは意識的に「このまま独身の人生なんだな」と自分に言い聞かせることにした。結婚したいと言い続けていてできなかったら苦しくなるからだ。そして、1人では寂しいという気持ちは押さえつけた。

次ページ転勤先で芽生えた結婚願望
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT