100人に聞いた!晩婚さんの「幸福」と「後悔」

「早婚さん」と違う傾向や特徴があるのか

お互いに居心地がよく、尊敬し合い、支え合うことができる人と結婚したほうがいい(イラスト:堀江篤史)

もっと早くに結婚するべきだったと後悔していませんか。遅い結婚でよかったというならばその理由は何ですか?

筆者は35歳以上で結婚した「晩婚さん」たちに、少々失礼な質問を投げかけ続けてきた。同じく晩婚さんである筆者自身がその問いへの答えを見つけたかったからだと思う。

この連載の一覧はこちら

2014年8月から開始した本連載。すでに90回を超えている。夫婦でインタビューに応じてくれた人たちを含めると、来週掲載予定の回でちょうど100人の晩婚さんと語り合ったことになる。

さまざまな晩婚さんケースを取り上げてきたが、彼らは「早婚さん」と比べるとどのような傾向や特徴があるのか。幸せを実感しているのだろうか。100人という区切りを迎えたいま、過去の取材を振り返り、晩婚さんの実態についてまとめてみたい。

約8割の人が「遅い結婚のほうが自分にはよかった」

改めて原稿を読み直して集計してみたところ、100人中79人が「遅い結婚のほうが自分にはよかったと思う」と答えていることがわかった。8割に迫る数字だ。

この集計結果には主に2つのバイアスがかかっている。1つは、わざわざ時間を割いて取材に協力してくれるのは、現在の生活に満足していて、精神的にも経済的にもゆとりがある人が多いこと。「晩婚で大失敗。今すごくつらい」という人がいたとしても、本連載にはあまり登場してくれない。

もう1つのバイアスは、誰しも自分の人生を否定はしたくないこと。「晩婚でよかったのだ」と信じたい。他の人にもそのように伝えることで自己肯定をしたいのだ。

そうしたバイアスがかかっていることは前提として、この79人が「晩婚さんでよかった」と語った理由を確認した。大きく分けて3つあるようだ。1つだけ当てはまる人もいれば、3つすべてに該当する人もいる。

次ページ何かに夢中で取り組んでいた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。