「お金持ちが好き」42歳女性、10年婚活の顛末

ブレない看護師がついに見つけたお相手は…

貪欲なほどのハングリー精神と行動力で幸せをつかむ(イラスト:堀江篤史)

東京・新橋の駅前にある「美々卯」新橋店に来ている。ランチ時はたいていの店が混み合うオフィス街にあって、この店は席の予約ができるし落ち着いた店内でゆっくり話ができ、価格も高すぎない。新橋近辺で働く商社マンの友人に教えてもらって以来、インタビューの際などに使わせてもらっている。

この店で待ち合せたのは、4年前に9歳年下の会社員男性と結婚した森智美さん(仮名、42歳)。若々しく、ちょっと色っぽい雰囲気を漂わせている看護師だ。

この連載の一覧はこちら

「配偶者が年下だと、自分の外見や気持ちも下に引きずられるという生理学的なデータがあるみたいですね」

智美さんは誉められても謙遜したりはしない。一人娘として育ち、若い頃は「欲しいものが手に入るならばほかの女の人にどう思われても平気」な性格だったと振り返る。

おカネで苦労したくない

「とにかく医者と結婚したくて、イケイケモードで恋愛をしていました。医者はお金持ちだし、看護師の私とはお互いの仕事が分かり合えます。いろいろ教えてくれる存在でもあり、あこがれの気持ちもありました」

高所得層の男性と結婚したい、という智美さんの願いはその後も一貫している。かなり露骨な希望だが、成育環境が母子家庭だったことが「おカネで苦労したくない」という気持ちにつながったと智美さんは自己分析している。

ただし、生まれ育った地方都市で結婚相手としての医師を見つけるのは容易ではなかった。彼らはモテすぎるし、上流意識が強いことも少なくないからだ。

「私が勤務していた病院では、若くて独身の医者は10倍ぐらいの人数の看護師たちから狙われていました。たいしてカッコ良くなくても遊びまくっている医者もいます」

次ページ4歳年上の医者と出会う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。