45歳女性がお見合いで「ベタ惚れ」されたワケ

「結婚願望はまったくなし」からの急展開

恋愛は人を若返らせる効果があるのかもしれない(イラスト:堀江篤史)

寿命がのびた?!

この連載の一覧はこちら

「お見合いでカップルになったら、3カ月後ぐらいには結婚するのが普通らしいですね。でも、私たちはもう少しゆっくりでいいのです。今年の秋ぐらいまでに結婚できれば、とは思っていますけど」

ここは東京・銀座にある会議室。公務員の西岡幸太郎さん(仮名、57歳)は、少し早口で近い将来の展望を語ってくれる。スキーやスキンダイビング(素潜り)が趣味だという。年相応の白髪頭だがよく日焼けした肌と引き締まった肉体で若々しく見える。

その隣には、幸太郎さんとは対照的な色白美人が静かに座っている。医療福祉関係の専門職員として働く森谷敏子さん(仮名、45歳)だ。

「お付き合いを始めたときは『2年は待てる』と彼は言っていたはずなのに、気づいたら少しずつ期間が短くなっています」

ゆったりとしたペースで笑う敏子さん。2人は2017年8月に、中高年専門の結婚相談所スーペリアを通じて知り合い、3回デートを重ね、翌月から正式に付き合い始めた。幸太郎さんの希望どおりに進めば、交際1年でのゴールインとなる。子作りなどは視野に入らないため、結婚を焦る必要はないのだが、

「でも、私が定年するまでには結婚したいです」

小声で本音を吐露する幸太郎さん。定年した後も元気に働き続けるつもりだ。現在の職場に再任用してもらうことも可能だが、「墓石販売会社の営業マン」という道も考えている。

「田舎にあった両親の墓を自宅近くに移した際、墓石に詳しくなり、営業職に誘ってもらいました。お客さんのためにちゃんと尽くせば喜んでもらえる仕事です。私には自宅もあり、若干の蓄えもあります。平均年齢を考えると、彼女よりも20年ほど早く他界してしまいますが、そうなったとしても彼女をきちんとお守りできると考えています」

恋愛は人を若返らせる効果があるのかもしれない。いま、幸太郎さんはやる気に満ち溢れている。寿命も延びたのではないだろうか。

次ページ敏子さんは「結婚願望はまったくなし」で生きてきた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT